目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#48 不可解な真実
 アメリカに数あるシンクタンクの中でも、ランド研究所は、世界最高の洗脳機関であるタヴィストック研究所からの恩恵をどこよりも受けているとされ、アメリカ社会の様々な機関や分野に深い影響を与えてきたとされる。

 あらゆるレベルでアメリカの政策を支配する上で、間違いなくRIIA(英王立国際問題研究所)が最も信頼する機関でもあるという。

 特にアメリカにおいて、ランド研究所の政策で実現したものには、ICBM計画、外交政策作成のための主要分析、宇宙計画の煽動、原子力政策、企業分析、何百という軍事プロジェクト、CIAのためにマインド・コントロールの分野で何百というプロジェクトを展開している。
 
ランド研究所の顧客には、AT&T、チェース・マンハッタン銀行、全米科学財団、アメリカ空軍、IBM等、数千もの重要な企業、政府研究機関、団体がサービスを利用しているという。

 今や様々なメディアが毎日のように取り上げている、いわゆる「温暖化現象」だが、わが国の文部科学省も特選作品として推奨しているアル・ゴアの映画「不都合な真実」が政治的に偏向しているし、科学的に重大な不正確さがあると、イギリスケント州の学校教師が高等裁判所へ申し立てたことを、BBCが取り上げた。
 
問題とされている点は、ゴア氏が「近い将来」と語る、グリーンランドの氷の溶解による海面の上昇が、科学的には千年以上かかると言われていること、
キリマンジャロの雪が消える原因を、全て人間の活動による気候変化と見なすのは適切ではないこと、
また、北極熊が氷の減少で長距離を泳がなくてはならず、溺れてしまう現象については、科学的研究の中で確認されているのは、嵐によって溺れたという事実のみであることなどが挙げられている。

 気象を操作する兵器の存在については、#33、#34などでも取り上げたが、「エルニーニョ」が自然の気候の変化によるものではないことを示す、ランド研究所の論文がある。

 「あり得ることだが、もしも大きな海流の方向がいくつか変えられたとしたら・・・。このようなプロジェクトの一部が全く公益的な目的を念頭に実地され、それが深刻な気候上の問題となる可能性がある。・・・(中略)
 一つの実験は、熱帯である東太平洋海面近くの海水を”移動させて”、・・・(後略)・・・」とある。

”移動させて”という言葉からもわかるように、これは人為的に操作されたと解釈するのが妥当ではないだろうか?
 
また、ランド研究所の「気象調節と国家安全保障」には、北極の氷に関して興味深い観察が述べられている。

 「・・・予備調査の結果は、北極海から氷を”動かした”後の30~60日間の・・・(中略)・・・北極海から氷を”取り除く”ことの効果についてはすでに触れた。詳しい調査によると、もしこれをすると、氷は(少なくとも急速には)元に戻らず、気候は劇的に変化するという・・・(後略)」

 ここでも、”動かした”、”取り除く”という言葉が出てくる。つまり、人為的にということではないだろうか?

 このブログの存在意義は、すでに「目覚めている」、「気付いている」ごく少数の人達のためではなく、今だ「目覚めていない」、「気付いていない」圧倒的多数の人達のためにある。

 そう、政府や主要なメディアのいうことを無批判に真実だと受け入れる99%の人達のためにある・・・                     
 
スポンサーサイト
#38 アスパルテーム
 イルミナティは、ありとあらゆる方面から我々の精神や肉体に攻撃を加えている。
農薬や食品添加物等の化学毒を、食物を通して体内に注入し、健康を損ねさせている。

 その一つに、悪名高い人口甘味料「アスパルテーム」がある。アスパルテームは、フェニルアラニン(50%)とアスパラギン酸(40%)という2種類のアミノ酸を合わせて、メタノール(10%)で繋いである。
 情報自由法によって公開された1955年のFDA(米食品医薬局)の文書には、これによって失明したり死亡することもあると記されている。
 それ以外にも様々な科学者が、腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下、体重減少、骨格異常等を挙げ、短期記憶への影響もあるとしている。
 食品問題を専門に調査報道の著書も多いキャロル・ギルフォードは、アスパルテームは「細胞へのホロコースト」だと言っている。

 このアスパルテームが政府の認可を取るために、世界的な製薬会社GDサールに1977年に雇われたのが、前米国防長官ドナルド・ラムズフェルドであった。
 彼は長年にわたるイルミナティのインサイダー(内部者)で、グローバル・アジェンダにかなり貢献している。
 
 1974年にはフォード大統領の主席補佐官、そして1975年から1977年まで最初の国防長官を務めた。その後GDサール(現在はモンサント社の所有)の会長兼CEOを務めつつ、レーガン政権下において政府関係の様々なポストを与えられた。
 
 1981年1月、ラムズフェルドは販売会議を開いた時、ある参加者によると、「なじみに連絡して」年内にはアスパルテームを認可させると言ったという。
 
 各国にも同じような機関があるが、FDAもやはりイルミナティのフロント(前線機関)で、人類に有益なものは通さず、アジェンダに沿ったものは適切な検査もなしに次々と認可している。
 FDAは最初、馬鹿げたデータを基に使用を認めたが、動物に発作や脳障害が起きたという研究結果を見せられて、アスパルテームの認可を引っ込めた。
 
 しかし1981年にアーサー・ハル・ヘイズ(大学教授で、国防総省の契約研究員)が局長になると、公開調査委員会が科学的データを検討して全会一致で認可に反対し、延期を勧告していたにも関わらず、認可が復活した。
 ヘイズによる主な決定事項を見ると、最初が乾燥果物へのアスパルテーム使用認可で、最後が1983年の清涼飲料水への使用認可であった。
 その後FDAを離れたヘイズの次の仕事は、GDサールの広告代理店の上席顧問だった。

 ラムズフェルドは、この恐ろしい物質が広く使用されるように裏から手を回したことで数百万ドルを手に入れ、さらにGDサールがモンサントに買収されたときにはボーナスとして1,200万ドルをせしめた。
 ラムズフェルド以外では、ユタ州選出議員でモルモン教徒のオリン・ハッチもアスパルテームの件で圧力をかけ、独立機関などによるアスパルテームの安全性調査を押さえ込んで、GDサールから金を受け取っている。
 
 ノースイースタン・オハイオ大学医学部の精神医学教授ラルフ・G・ウォルトンは、アスパルテームの研究を全て検討し、人体の安全性に対して166もの直接的な影響を認めた。
 アスパルテーム産業が資金を出した研究は74あり、全て問題なしだった。ところが独立した資金による研究では、92%が安全性に問題ありとしていた。あなたは、どちらが真実だと考えるだろうか?

  ニュートラスイート(=アスパルテームの登録商標)のために虚偽の試験結果を提出したFDAの歴代の局長2人、研究員6人、弁護士2人は、後にFDAを辞め、GDサールに就職した。
 そしてミズーリ州セントルイスに本社を置くモンサント社(イルミナティの企業)は、ラムズフェルドのいたGDサールを1985年に買収してから、アスパルテームの使用認可の範囲を広げている。
 
 農薬にしても食品添加物にしても、これらは「不必要悪」であり、こうした巨悪に力を合わせて声を上げていくべきではないだろうか?
#37 ターミネーター遺伝子
 1990年のビルダーバーグ会議で、元米国務長官ヘンリー・キッシンジャーはこう発言した。
「エネルギーをコントロール(支配)することで国家を支配出来るが、食物を支配することで個人を支配出来る」

 食物連鎖の支配権を実際に握るには、最も重要なところ即ち種子から始める必要がある。
 栽培している作物から種子を採り、翌年のためにとっておくという従来の方法に代わって、今ではハイブリッド種子がある。
 これはより丈夫で、収穫量の多い作物を実らせる。農家は次第に従来の種子をとっておく必要を認めなくなり、遺伝子に手を加えたハイブリッド種子に頼るようになった。

 これらの種子の特許や所有権は現在、20社にも満たない多国籍企業が世界の全ての植物の種子の特許を所有しているという。
 農業バイオテクノロジーの世界的リーダーであるモンサント社やデュポン(イルミナティ)、W・M・グレース、バイエル、ファイザー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド等が大手である。
 そして、ロックフェラー財団が世界の主要な穀物の95%の種子の特許を支配している(!)という。
 
 ケン・コービットは「ネクサス・マガジン」の1994年8・9月号で次のように述べた。
 「世界の種子の絶対的な支配権、そして突き詰めれば人類の生存そのものが、今や多国籍企業のエリート・カルテルの手に握られている」
 
 この発言は決して大げさなものではない。それを裏付けるのが、「ターミネーター遺伝子」と呼ばれるものだ。

 これは「生物学的要素で、種子の遺伝子構造を変化させ、種子を作らないように仕向けて自己再生を不可能にする」技術である。
 つまり、この種子は1年だけは作物を実らせるが、翌年に種子を実らせる事は出来ない。従って、新しい種子を手に入れるためには、農家は種子の特許を所有する企業のところに行ってまた買わなければならない。
 だから特許を所有する者が全てを支配することになる。このシステムに反対しようものなら、彼らカルテルはただ種子を売るのを拒否するだけでいい。

 ゲリ・グイデッティは1998年の「ジュービリー」誌に、「種のターミネーターと大規模合併が我々の食物と自由を脅かす」と題する記事を書いている。
 「人類はこれまでにこれほど狡猾で、危険で、影響が大きく、おそらく”完璧な計画”を作り上げたことはない。彼ら(食糧カルテル)は私達の生活、食糧供給、そして地球上の全人類の生存すらも支配する」

 彼女は続けてこう断言している。
 「新たに特許が認められたターミネーター技術が世界的に広く採用されるようになっており、多国籍企業への農家の絶対的な依存という事態が現実のものとなっている」

 食糧カルテルはターミネーター遺伝子以外にも例えば運送業、特にトラック輸送の独占によって、食糧輸送の物資補給態勢を支配している。農家がこのシステムに抵抗しようとしても、農作物の栽培は続けられるとしても、収穫物を市場まで運んでくれる者が見つからないということになる。
 また、小規模農家や自作農を廃業に追い込む規制を山のように作り出し、企業経営農場の設立をごく当たり前のことにしようとしている。

 日本においても企業経営農場は、アメリカ(イルミナティ)の忠実なポチであった小泉政権から推進され、同じく忠実なポチである現安倍政権下で、遂にゴーサインが出てしまった。
 ここ最近の、農相の異常なまでの交代劇もこれを示唆しているのではないか?
 「食の安全」問題が様々な方面から噴出してる今、事態は恐ろしく深刻化しているのは明白である・・・
#36 ヒューマノイド
 ネバダ州エリコ市で天文学を教えているレン・シーモアは、エリア51付近で奇妙な人物との遭遇事件を明らかにした。

 1992年8月、天文学の他に生物学の研究もしているシーモアは、標本のトカゲを捕まえるため、ティカブーバレーにやって来た。しかし、その帰途で道に迷い、砂地に車輪を取られ車が動かなくなった。
 そして救援を求めて砂漠を歩き、ある道(グルーム・ロード)に出たところ、グルーム基地方面(この時点では、彼はまだ「エリア51」の存在を全く知らない)から一台の車がやって来た。

 シーモアは手を振って車を止めようとした。しかし、車にはパトロール・ライトが装着してあったにも関わらず、走り去ってしまった。
 シーモアは車の走行状態を見て、ドライヴィング・テクニックが全く無い素人が運転しているような感じを受けた。
 ところがなんと、走り去ったと思った車が戻って来たのである。シーモアは車を停止させ、身分を告げ、レッカー車を呼んでくれるように要請した。

 車には2人の男が乗っていたが、じっと正面を見据えたまま、突然ドライバーが口を開いた。
 「ワタシタチハ アナタガ ダレダカシッテイマス シンパイシナイデクダサイ トールトラックガキマス」

 それはゆっくりとした口調で一語ずつ抑揚のない喋り方だった。しかも、ドライバーはシーモアを見ずに、正面を見据えたままだったのである。運転の仕方といい、喋り方といい、シーモアは彼らを奇異に感じた。
 「セキュリティーか?」 シーモアは彼らに尋ねた。
 「ネリス クウグンキチ ノ セキュリティー ダ」

 さらにシーモアが、「スタックした車の所まで飲料水を取りに行くところだ」と告げた。すると彼らは、「シンパイハ イラナイ ワタシタチガ ミズヲ アゲル」と言って、ドライバーはグルーム基地方面に車をスタートさせた。

 10分程して戻って来た車の窓から、ドライバーが保温ビンに入った水をカップに注いでくれた。しかし水を注ぐ時も、なぜかドライバー達はじっと正面を向いたままだった。
 そしてシーモアが水を飲み干したとき、今度は助手席にいた男が口を開いた。
 「アナタハ コーヒーガ ホシイデスカ」そしてさらに「アップルハ イカガデスカ」と、子供と話すような口調で尋ねられた。

 こんなやりとりの後、遠方からヘッドライトを灯した車が一台近づいて来た。するとドライバーが、「オソラク アレハ シェリフ ダロウ」と言い残すと、車をグルーム基地方面にスタートさせて走り去って行ったのである。
 シーモアはシェリフの手を借りて、スタックした車を引っ張り出してもらい、エリコの町に戻った。

 シーモアによると、この2人のセキュリティーはいずれも40~50才くらいで、服装は砂漠用の迷彩服を着込み、メガネや帽子はなく、顔つきは全く普通の人間と変わらなかったという。
 しかし、動作が非常にロボット的で、ぎごちない動きだったと証言している。

 後日、友人や知人にこの体験を話すと、夜のラジオ・トークショーのリスナーからの投書が載った一冊の本を紹介された。
 それを読んで見ると、そこには「エリア51」のセキュリティー関係者からの投書があった。

 その一つになんと、「私が辞めたのは、相棒が生身の人間じゃなくてヒューマノイドだったからだ。多分、S-4あたりで作られたんだろう。時々、そういう連中がパトロールに駆り出される・・・」という証言があったのである。
 
 これを読んだシーモアは、これまでその存在すら知らなかった「エリア51」に興味を抱き、情報収集を始めた。そして、かつてそこで働いていたという人物と知り合う機会が巡ってきた。
 ある時、その人物に自分の体験を告げてみると、「非常に馬鹿げたことのように思うかも知れないが、それは事実である」という返事を得たのである。
 
 AI(人口知能)、ヒューマノイド、これらはこの先、どのような形で公に姿を現すのだろうか?・・・
#35 エリア51
 アメリカはネバダ州の砂漠地帯にある、かつては最高機密だった空軍基地「エリア51」は、これまで常にUFOとエイリアン研究に結び付けられて来た。

 軍や政府は「エリア51はフライング・ソーサー(空飛ぶ円盤)の基地である」という怪情報を意図的に社会にばら撒いてきたが、これは真の目的をそらす為のカヴァーストーリーだったようだ。

 エリア51、そして他の軍事施設で実際に行われていた研究は、実はAI(人工知能)研究だという。事実、エリア51の中での「ドリームランド・セクション」という区域には「S(セクション)-4」と呼ばれるAI研究室がある。この研究室では、科学者達が人間の脳を移植出来るロボットの実験を行っているという。

 レディング大学のサイバネティクス(人口頭脳研究)のケヴィン・ワーウィック教授は、次のように断言している。
 「いつの日か、”機械”が地上で優位を占める”生命体”となる」
 さらに、「人間の持つ弱点や限界が取り除かれるならば、宇宙の未知の領域に対する我々の見方はこれまでと違って来る。これは2050年を待たずに判明するだろう。おそらくその頃には、人間が作り出した人工知能のネットワークが人類を超越し、これらの”生き物"は人類の滅亡を画策するだろう」と述べている。
 機械を「生命体」と呼んでいるところが、何とも一般大衆の視点からすると奇異に思えないだろうか?

 「UFOと安全保障国家」の著者であるリチャード・M・ドーランは、「コンピュータが自分の知能で自身をアップグレード出来るようになり、継続的に自身を再生出来るようになれば、やがて自己認識するようになる」という。
 また、「ハードウェア、ソフトウェア、連結性、記憶装置について、ひとたび一定の臨界質量に達すると、機械は自分自身の技術的必要性を予見し、ソフトウェアを更新する能力を飛躍的に開発するようになる」と述べている。
 
 さらに人工知能研究者レイ・カーツウェルは自身を持って断言している。
 「物事は私達が現在理解できるペースを遥かに超えて進んで行くだろう。またそれは、人間の知能の性質そのものにも影響する。私達は今の我々人間の知能から派生した知能を目にすることになるが、それは今の人間を凌駕しているだろう」

 このような事を、「絵空事だ」と笑い飛ばすのは簡単だが、この問題に関わりのある関係筋の多くが、2040年までにはこれらが現実のものとなるだろうと考えている・・・
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。