目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#50 諸悪の根源
 1924年、ニューヨークのジョン・F・ハイラン市長はこのように発言した。

 「ウォールストリートは、政治・金融面での陰謀や策略の温床であり、彼らは食べるものから着るものまで、あらゆるものを支配しようとしている。国際銀行家によって富が作り出され、それが優遇されたごく少数の者になってゆく。

 信念を持たない政治指導者が動かされ、公職候補が指名される。合衆国の陸海軍が私的な目的に利用される。それも運命の手が人の手を動かすような、情け容赦のないやり方で・・・ 
 全てはウォールストリートで行われているのだ」
 
 イングランド銀行(イギリスの中央銀行)理事、サー・ジョサイア・スタンプはこう述べる。

 「銀行業務には不正行為がつきものであり、先天的に罪深いものだ。
 銀行家は地球を所有している。それを銀行家から取り上げてみても、金を作り出す権限が残されている限り、連中はさっとペンを走らせるだけで、取り上げられた地球を買い戻すのに十分な金を作り出すだろう」

 国際銀行家の世界支配の方法は、政府や国家に金を貸すことである。勿論、利子付きで、だ。その返済のために、政府は国民に税金を課しているのだ。

 だが、金を貸し出すだけでなく、政策にも口を挟む。そして銀行家にとって最も旨みのあるのは戦争である。戦争ほど速やかに政府の借金を増やすものはない。

 キャロル・キグリーは「悲劇と希望」にこう書いている。
 「政府に対する銀行家の助言は、銀行家にとっては常に有益だ。しかし、政府、実業家、一般市民にとっては破滅的な場合が多いことを前世紀(19世紀)の歴史が示している」

 また、アントニー・サットンは「連邦準備銀行の陰謀」でこう書いている。

 「パワーエリートにとって、通貨供給を民間が支配していることを大衆に気づかれ、理解されてしまうことほど危険なものはない」

 世界各国の中央銀行の株主達、彼らこそが世界権力の黒幕であり、選挙で選ばれた政府を背後から動かしている。民主主義なんてものは幻想に過ぎない。

 国民国家に真に仕えようとする政治家が出てきても、暗殺されるか、スキャンダルを仕掛けられ、失脚させられる。

 公認の歴史で偉大な人物とされているものは、あくまでグローバル・アジェンダに貢献したもの達である。

 FRB(米連邦準備銀行)の10大株主にも入るワールブルク(ウォーバーグ)一族のジェームス・ワールブルクは、1950年2月17日に合衆国上院で次のように演説した。
 
 「我々は、皆さんが好むと好まざるとに拘わらず、そのうち世界政府を作るであろう。唯一の問題は、それが合意に基づくものであるか、それとも征服によってなされるかである」

 彼ら国際銀行家達の目標は、世界的な金融管理システムを作り上げ、各国の政治システムと世界経済全体を支配出来るようにすることで、これがグローバリゼーションの行き着く先である。

 彼らの描くこのシステムに中産階級は存在しない。構造改革はこのために行われ、格差社会が日本でも進行している。
 勿論これは偶然でも、時代の必然性でもなく、仕組まれたものである。

 選挙の時にどの政党に投票するかよりも、影の支配者の存在と、偽りの金融システムに気付き、異を唱えることが、一般市民にとって最も重要なことではないだろうか・・・
スポンサーサイト
#49 沈黙するメディア
 「我々は、ワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙、そしてタイム紙をはじめとする、立派な出版事業者に大変感謝している。こうした各社の経営幹部が我々の会合に40年にもわたって参加し、しかもその間、無用な口外はしないとの約束をたがえることなく、尊重し続けてくれた。

 その内容がもし公表されていたら、我々の世界計画を進めることは出来なかっただろう。
 しかし、世界中が洗練された今、世界政府の樹立に向けた準備は整ったと言える。
 
 過去何世紀にもわたってこだわり続けた民族自決の原則よりも、エリート知識人と国際銀行家による、超国家規模の統治のほうが、もちろん好ましいのだ」

 これは、デーヴィッド・ロックフェラーの1991年6月のビルダーバーグ会議での発言である。
 
 この発言を裏付けるのが、週刊ビジネス誌としては世界有数のロンドン「エコノミスト」の元国連担当記者だったアンソニー・ホルダーの言葉である。

 「ビルダーバーグは、とっくの昔に取材対象から外されたよ。”上”からの命令でね」

 それも当然だろう。何せ主流メディアのトップ連中も、グローバル世界権力の一部なのだから。だが、メディア界の人間が時折思い余って口を滑らせてしまうこともある。

 「我々の仕事は、人々が望むものを与えることではない。そうではなくて、人々が知るべきだと我々が決めたものを人々に与えることである」 リチャード・セイラント 元CBSニュース会長

 「新聞テレビの記者というのは操り人形だ。彼らは単純であり、最も強い引きつけに反応する」 リンドン・ジョンソン 元合衆国大統領

 「結局、テレビで報道されるニュースの大半は、政府がニュースだと言っているものだ」 ビル・モイヤーズ ジャーナリスト

 また、ウォール街の投資銀行家で作家でもあるマイケル・トーマスはこう述べている。

 「ビルダーバーグは世間の注目を浴びないよう、これまでになく気を配っている。理由は色々だが、特に知られたくないことがあるからだ。
 それは、IMFや世界銀行といった破壊屋にやらせた暴挙のおかげで、近年発生した惨害の規模が、第二次世界大戦のそれを上回ったことだ」

 IMFが各国に貸し付けを行うときには、いわゆる「コンディショナリー」という貸し付け条件をつける。
 これは、貸付を受ける側の政府が従わなければならない義務で、特に貧しい発展途上国が、最も厳しい条件を突きつけられるという。

 IMFは申請のあった国についての相対的単位コスト指標(RULC)のデータを取り寄せる。これは、国際的な労働力コストに対する国内の労働力コストを測る重要な経済指標で、この指標を使って、ある国が将来、輸出生産力を伸ばして貸付金を支払える立場になるかどうかを決定するという。

 この指標及び効果的な通貨交換レート決定に用いた指標とを、IMFは長年にわたり組織的に不正操作し、それにより各国政府に圧力をかけている。

 IMFの政策は、最貧国にまで医療ケア、食糧、住宅といった出費を減らすことを要求し、こういった状況はアフリカ、一部のラテンアメリカ及びキューバ、インド、パキスタンに広がっているという。

 不正操作を暴露しようとすれば、非公式に、これ以上不満が表面化した場合には貸し付けを取り消す、と各国政府を脅し、グローバル世界権力の経済システムに組み込んできた。
 
 これが、「破壊屋」IMFの正体である・・・
#46 ビッグ・ブラザー
世界権力の青写真とされる、1949年に書かれたジョージ・オーウェルの著書「1984年」の中に見られる、世界権力の思想・信条をいくつか取り上げてみたい。

 「党はただ権力のために権力を求めている。我々は他人の幸福(市民の幸福?)などにいささかなりとも関心は抱いていない。我々は権力にしか関心がないのだ。・・・ただ権力、それも純然たる権力のためなのだ。

 純然たる権力とは何か・・・我々は過去のあらゆる少数独裁制とは根本的に違う。その限りにおいては我々は計算ずくで行動している。我々以外の独裁者は、我々に良く似ていた独裁者でさえ臆病で、偽善者だったに過ぎない。

 ナチ・ドイツもロシア共産党も、方法論の上では我々のそれに極めて近かったが、しかし、彼らには権力追求の動機を口にするだけの勇気は無かった。彼らは不本意ながら、そして暫定的に権力を握ったのであり、しかも眼前に人間の自由と平等を実現する地上の楽園が来ているような態度を装うか、あるいは本気にそう思い込みさえしたのであった。
 
我々はそんな手合いとは違うんだ。およそこの世に、権力を放棄する心算で権力を獲得するものはいないと思う。権力は一つの手段ではない、れっきとした一つの目的なのだ。何も革命を守るために独裁制を確立する者はいない、独裁制を確立するためにこそ革命を起こすものなのだ。
 ・・・権力の目的は権力それ自体にある・・・」

 あらゆる欲望の中で、権力欲・支配欲が最も強力だというのは間違っていないようだ。

 「・・・権力は集合的なものだということ。個人は個人に留まりさえしなければ権力を持つことが出来る。・・・人間が完全に自己放棄を行い、自己だけの存在から脱却して党に合体し、自己即ち党ということになれば、彼は全能となり、不滅の存在になるのだ・・・」

 典型的な例は、エール大学に本拠を置く悪名高きエリート秘密結社「スカル・アンド・ボーンズ」のイニシエーション(入会儀式)だろうか?
この中には「夫婦生活の喜び」と呼ばれるものがあり、裸で棺に横たわり、マスターベーションをしながら、自分の過去の性体験をこと細かく告白しなければならないそうだが?・・・
 これは極端な例としても、個を破壊して、組織のメンバーとして叩き直す(生まれ変わらせる)という点では、営利企業等の研修やセミナーでも見受けられるだろう。

 「人間を意のままに出来る力が権力だということである。肉体、いや、とりわけ精神を意のままに出来る力だ・・・服従だけでは充分じゃない。相手が苦しんでいない限り、彼が自分の意志ではなくて当方の意志に従っているということが、一体どうやって確認できよう?

 権力とは相手に苦痛と屈辱を与えることである。権力とは人間の精神をずたずたに引き裂いた後、思うがままの新しい型に造り直すということだ。

 ・・・それは昔の改革者達が夢想した愚かしい快楽主義的なユートピアとは正反対のものだ。恐怖と裏切りと責め苦の世界、人を踏みつけ人に踏みつけられる世界、純化されるに従っていよいよ非情になって行く世界なのだ。(弱肉強食、構造改革後の格差社会?)

 ・・・我々の文明は憎悪に基礎を置く。・・・君が未来の世界を描きたければ、人間の顔を踏みつけるブーツを思い浮かべればよい。永久に踏みつけられる図を、ね」

 「党には二つの目的がある。一つは地球の全表面を征服すること、もう一つは自主独立の思想の可能性をきっぱりと絶ち切ることである」

 現状、権力が市民を監視している世の中だが、市民が目を覚まし、権力を監視(腐敗しないように)する世の中こそが、本来の健全な社会ではないだろうか?・・・
#17  日米欧三極委員会
 1972年春、ベルギーのノッケにおけるビルダーバーグ会議で、三極委員会の構想が当時のCFR会長デヴィッド・ロックフェラーによって初めて紹介された。
 表向きの目的は「北アメリカ、西欧、日本のそれぞれの支配層の間に、永続的な協力関係を構築すること」にあった。

 1973年10月に日米欧三極委員会(TC)第1回会合が東京で開かれ、1974年にベルギーのブリュッセル、12月にアメリカのワシントンDCで会合を持った。

 この間に合意された「4つのアジェンダ」を盛り込んだ ”トライアングル・ペーパーズ”と称される公文書によれば、
 第1は世界的なクレジット決済システムを整えること、
 第2は”持たざる国”に対して、”持てる国”がもっと経済的援助をすること、
 第3は共産国との貿易をさらに積極的に推し進めること、
 第4は石油危機や食糧危機を回避するため、より大きな国際機関の提言を受け入れることである。

 実はこれらの「合意」は、4つの近代化を目指す共産中国の基盤強化を図り、エネルギーや食糧、金融その他の指標に対する「怪物」中共の支配を強化するために提出されたものだった。

 つまり、日本は今や自分達の最も恐るべき敵となった共産中国の近代化を支援し、自らの立場を巧みに切り崩しにかかっているグローバル・エリートの思うがままになっている。
 広東経済特区の開設に尽力したのは、TCの日本側メンバーであり、これにより人民解放軍が驚異的な近代化を遂げたのは火を見るより明らかである。

 そもそもイルミナティの言わば「アメリカ支部長」デヴィッド・ロックフェラーがTCを創設したのは、日本の政財官界、アカデミズムの実力者を「代理人」として仕立て上げ、これらエリートの個人的な影響力をフルに生かして、経済大国となった日本の「軌道修正」を図ることであった。
 
 グローバル・エリートは、日本をアジア太平洋連合におけるアメリカの良きパートナーとしておだてあげる一方で、対ソ包囲網の一環を強化するという口実で共産中国の基盤強化に日本を駆り立て、将来の大合併AU(アジア、太平洋版EU)に至る道を日本が絶対に踏み外さないよう監視しているのである。
 当初の日本側委員長は渡辺武アジア開発銀行元総裁で、他のメンバーは、宮沢喜一、大来佐武郎、牛場信彦、佐伯喜一、土光敏夫、藤野忠次郎、永野重雄、岩佐凱美、盛田昭夫らがいた。

 TCの欧米側のメンバーには、当然ビルダーバーガーズや、CFRメンバーが参加している。 だが、ビルダーバーガーズに日本人のメンバーが一人もいないということは、日本がCFRやTCの背後にあるグローバル世界権力から完全に締め出され、知らない間に彼らの道具として使われている事を意味する。
 
 ロックフェラーの支配下にある日本IBMとNTTが共同出資して作られた日本情報通信は、日本の世論を支配下に組み込むための布石であり、アメリカの穀物メジャーが日本で執拗に展開している種子販売も、いざという時に日本の糧道を絶つための布石である。
 また、日米防衛技術協力を通じて日本の防衛システム全体の支配を図り、日本が独自の宇宙防衛産業を持たないように仕向けている。
 
 つまり、日本という強力な民族国家をワン・ワールド(世界人間牧場)に埋没させるためにTCが創設されたという事ではないか。
 田中角栄がロッキードスキャンダルを仕組まれ、首相の座を追われ、ロックフェラーの傀儡ともいえる三木政権が誕生したのが、まさにそれを証明している。

 田中元首相は、戦後実質的にアメリカの占領下にある日本の真の独立回復への内外政策を展開し始めた。
 日本と中国の国交回復、それはアメリカを間に挟まない提携であり、つまりはイルミナティのアジェンダに反する宇宙開発も含めた協力関係は断じて許されるはずもなかった。
 
 また、エネルギー資源の確保という独立国家として最優先すべき事に関して、産油国サウジアラビアとの提携、さらにオーストラリアとのウラン資源開発協定といった優れた政策を次々と推進し始めたため、失脚させられることとなった。
 
 ロッキードスキャンダルは、アメリカ(イルミナティ)が日本に仕掛けた最悪の政治クーデターだったという真実に、我々日本人は気付かなければならない。


#12  ビルダーバーグ・クラブ
 円卓会議から分離・独立した重要な組織ビルダーバーグ・クラブは、ワン・ワールド(世界人間牧場)を推進する数々の秘密組織の中でも、政治・金融面において絶大な影響力を持っているとされる。
 
 英米だけでなく、ヨーロッパの王室や産業界の重鎮達をメンバーに加えるため、仲介役として、オランダ王室のベルンハルト殿下に白羽の矢が立った。

 1954年5月、第1回公式会議が、オランダのオウステルビークにあるビルダーバーグ・ホテルで開かれた。
 ベルンハルト殿下は、1976年まで議長を務めた。

 1977年のイギリス「タイムズ」紙には、
 「・・・大金持ちの一団、彼等は西洋地域の政治、経済、社会の各方面できわめて大きな影響力を持つ。
 その一団が人知れず集まって企むことは、後にたまたま起きたかのように現実となる」 と書いている。
 
 また、イギリスのデニス・ヒーリー元国防相によれば、
「世界で大事件が偶然に発生することはない。
 国内政治にかかわるものだろうと、通商問題にかかわるものであろうと、とにかく事件はたまたま起きるのではなく、そのように仕組まれて起こされるのだ。そして、事件の展開はほとんどの場合、財布を握った輩の演出意図に沿って進行する」 ということだ。

 ビルダーバーグの年次総会で、様々な分野にわたって議論が交わされ「合意」が生まれる。
 その瞬間から、政治や経済の分野で強大な力を持つ利害関係者が、主流の報道機関を操作して、合意の実現に全力で取り組む。

 ビルダーバーグは何かにつけ、欧米の主要新聞やニュース・ネットワークのキー局代表を会議に招く。報道は一切なしの条件付きでだ。これによって、欧米でビルダーバーグに関するニュースが流れる事は全くない。
 
 ビルダーバーグの年次総会は毎年場所を変え、人目 につきにくい小さな町が常に選ばれ、通常3~4日間にわたる会期中、ホテルは貸切となる。ビルダーバーガーズのプライバシーと安全は、CIAとモサドによって確保され、ホテル従業員の調査は徹底して行われる。
 会議には普通、総勢130名が出席し、ヨーロッパ勢が3分の2を占め、残りはアメリカとカナダからである。

 ビルダーバーグの影響力を証明する例を挙げると、

* 1973年、スウェーデンのサルトヨバーデンでの会議で、石油価格を1バレル当たり12ドルまで、約3.5倍 値上げする事に合意した。これは「弱体化」政策の一環として、西側諸国の経済を大混乱に陥らせるためだった。 そう、第1次オイルショックである。

* ビルダーバーグは共謀のうえ、マーガレット・サッチャー英首相を政権の座から追い落とした。イギリスの主権を、彼等の描いたEUに引き渡すよう強要したのに、サッチャーにはねつけられたからだ。

* 2002年の会議における漏洩情報によれば、イラク戦争は2003年3月まで延期することが決定された。世界中のどの新聞も、侵攻開始は2002年の夏または秋との見通しを報じていた。

 これらは、あくまでほんの一例にすぎない。
 
 1997年の会議で、カナダの分割を検討する予定だったが、前年のキングシティでの会議中にカナダの一流日刊紙「トロント・スター」の思わぬ取材攻勢を受けたため、アジェンダは先送りされることになった。

 トロントの主なメディアやニュースの配信会社は、ビルダーバーグを30年にわたって追い続けている本物のジャーナリスト、ジェームス・P・タッカー(アメリカン・フリープレス紙)と、ダニエル・エスチューリンからのFAX、電話、メモ等を受け取ると、ビルダーバーグの会議開催に初めて注意を向けた。
 
 1996年5月30日、ビルダーバーグ・クラブはついに、秘密のベールを剥がされた。

 カナダで最も広く読まれ、影響力のある新聞「トロント・スター」紙は、カナダの出版実業家コンラッド・ブラック卿のことを、
 「世界各国の指導者や王室関係者が集まり、トロントの北郊外で4日間にわたって開催される秘密会議のホスト役を務めている」 と書いた。

 そして出席した人物名も記事に加えた。
 ウィリアム・ペリー米国防長官、カナダのジャン・クレティアン首相、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官、フィアット名誉会長のジョバンニ・アニエッリ、マリオ・モンティEU委員、デヴィッド・ロックフェラー、ジョージ・ソロス、ベルギー皇太子、オランダ女王、スペイン王妃、、、
 報道機関の取材攻勢は強まり、カナダ首相のジャン・クレティアンがキッシンジャーに、
 「あいつ(コンラッド・ブラック)め、これで会議が台無しにされたら許さんぞ」と迫られたところを記者の一人に盗み聞きされ、デヴィッド・ロックフェラーは、休憩時間にコンラッド・ブラックをつかまえて、報道機関の誰かに圧力をかけて会議の報道を止められないか、と聞く始末だった。
 コンラッド・ブラックはその後当然のごとく、地位や財産を失うことになった。
 
 記者クラブという「情報談合村」の住人であるこの国のマスメディアに、こういう勇気ある行動がとれるか、私達は彼らに問いただす必要がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。