目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#30 プロジェクト・モナーク
 DIA(米国防情報局)は、性的虐待を受けて多重人格障害になった子供を捜していた。
 世代間に渡る児童虐待の歴史のある家庭の子供を使った遺伝的マインドコントロールの研究が目的だった。
 作戦名称は「プロジェクト・モナーク」といって、MKウルトラから派生したものだった。

 幼い頃からマインドコントロールされていたある女性が、アメリカ政府の奴隷状態から脱出して、1年以上に及ぶ長く辛いプログラミング解除治療を耐え抜き、心の中の区画を打ち壊して、自分に起こったことを思い出すことが出来た。

 そして自身の体験を綴った 「恍惚のうちに作り変えられるアメリカ」 という本を自費出版した。
 MPD(多重人格障害)の人間が持つ、写真に撮ったような鮮やかな記憶のおかげで、彼女は耳にした会話の詳細や、ホワイトハウスやペンタゴンや全米の極秘軍事施設の部屋の内装の様子、さらには,関わった人物の裸を見たのでなければ知り得ないような身体的特徴まで書いている。

 彼女はキャスリーン(キャシー)・アン・オブライエンという名前で、1957年生まれ。
 父親は小児性愛者で、キャシーの最初の記憶は、父のペニスを口に入れられて息が出来なかったことだったという。
 キャシーの父は、幼いキャシーとボクサー犬がセックスをしている児童ポルノを郵送したことで逮捕されたが、起訴を逃れるのと引き換えに、キャシーは父の手でアメリカ政府及びDIAに引き渡された。

 後にキャシーはローマカトリックの学校、マスキーゴン・カトリック・セントラル・ハイスクールへ送られるが、ここでヴェスビットという神父に度々強姦された。 一度は神父の個人用礼拝室の中で、マインドコントロールされた他の少年や少女も交えた悪魔教儀式の最中だったという。
 
その後キャシーは、民主党の上院議員ロバート・C・バード(ウエストヴァージニア州選出)の支配下に置かれた。
 キャシーによると,バードはマインドコントロールされた奴隷達のネットワークを支配していて、冷酷なムチ打ちが何より好きで、彼女らを死ぬ寸前まで痛めつけていたという。 またバードはコカイン中毒で、仲間内には、自分は大統領ジミー・カーターをマインドコントロールしている、とよく自慢していたらしい。
 
 キャシーは、ジャック・グリーン率いるカントリーミュージック・グループのメンバーだったウエイン・コックスと無理やり「結婚」させられた。 コックスの仕事は、キャシーにさらにトラウマを与えて心の区画を増やし、新しい「人格」をプログラム出来るようにすることだった。

 「コンタクト」 紙のインタビューでキャシーは、「私の最初のコントローラーに指名されたコックスは、1978年には積極的に儀式を行うようになっていた。 ホームレスや、子供や、”いなくなっても誰も悲しまない”人達をバラバラにして、死体の各部は、ルイジアナ州チャタムにある本拠地から、あちこちの州にある悪魔教の拠点へと送っていた。・・・(後略)」 と述べた。
 
 キャシーはコックスとの間に娘のケリーをもうけるが、ケリーもすぐに、母親同様扱われ出した。 例えば、アラバマ州ハンツヴィルのNASA宇宙ロケットセンターでは、キャシーと娘のケリーも一緒に、ポルノフィルムに使われたという。

 様々な宗教は、常に大衆操作に利用されていて、拷問やマインドコントロールの隠れ蓑になっている。 キャシーがマインドコントロールのプログラミングを受けたセンターの一つは、ユタ州ソルトレイクシティ、そう、モルモン教会の本拠地にあった。
 他にマインドコントロールの奴隷施設としては、オハイオ州ヤングズタウンのチャーム・スクール(アメリカの「花嫁学校」)がある。 ここは「セックス奴隷」の学校で、キャシーは、娘のケリーやその他の女性、子供と共に拷問され、電気ショックによる虐待を受け、睡眠も許されず、性的トラウマを負わされたと語っている。
 
 それから何年か後に,CIA工作員アレックス・ヒューストンと「結婚」した時には、妊娠させられたうえに何度も人口中絶され、その胎児が悪魔教儀式に使われたという。
 ヒューストンは芸人でもあり、キャシーはアメリカのカントリーミュージック産業、さらに言えばエンターテイメント産業全体の真実がわかった。 

 カントリーミュージックは、アメリカ政府機関に利用されていて、アメリカ社会に大量の麻薬を流し、かつマインドコントロール計画を隠すためのものなのだ、と。
 カントリーミュージック界のスターとされるボックスカー・ウィリー(「フリーダム・トレイン」というグループのリーダー)は,マインドコントロールされた女性や子供をレイプする小児性愛者であり、政府機関が動かすコカインの流通にも深く関わっているという。

 「フリーダム・トレイン」 とは、国際的に通用する暗号名で、プロジェクト・モナークの奴隷活動のことだという。

 次回はさらに、誰もが知っている著名人達が登場することになる・・・
スポンサーサイト
#29   デッド・アイ
 MKウルトラにも見られるマインドコントロール計画の基礎は、「精神的外傷(トラウマ)を基礎とするマインドコントロール」 と呼ばれる技術だという。

 人の心には防御機構があって、極端なトラウマは切り離して閉じ込めようとする。 心が忘却のバリアを恐ろしい体験の周囲に張り巡らせて、その記憶を追体験しなくてすむようにしているわけだ。

 拷問や性的虐待を加えたり、他者が生贄になったり拷問されたりするのを見せることで系統的にトラウマを与えれば、心はバラバラになり、蜂の巣のような一つ一つが隔離された区画の集まりになる、という。

 心の統一を一度壊してしまえば、多様な区画は他の区画の存在を知覚しないので、様々な課題や経験のために個別にプログラムすることが出来るという。
 心の中の、それ自身で自足した一つの区画がその人物の意識段階となり、次にはそれが潜在意識へと戻されて、別の区画が呼び出される。
 つまりプログラムされた人が課題を遂行しても、済んでしまえば自分が何をしたのか、誰がいたのかを忘れてしまうということだ。

 別々にされたそれぞれの人格は一つの言葉、文章、音、行動でスイッチが入る。 
 心のそれぞれの区画は別の区画と関連がない。 今、ある一つの人格を演じていても、スイッチとなる言葉や行動によって、次の瞬間には別の人格が出現するのだ。
 これを多重人格障害(MPD)、あるいは解離性自己同一性障害(DID)と呼ぶ。
 
 イギリスでは、心理学者や社会福祉職員や警察が、多重人格障害についての知識をタヴィストック研究所から集めているという。 タヴィストックは、自分達はこの問題の治療についての権威だと言っているが、その一方では秘密のうちに人々をプログラムするのにこれを使っているのである。

 プログラムされた人間は、普段はそれぞれの地域でごく普通に生活させておいて、機会があれば利用される。
 彼らは「デッド・アイ」 と呼ばれていて、自分がそういう風に利用されているなどとは全く思ってもいない。
 
 オーストラリアのタスマニアにある小さな町ポートアーサーで1996年4月28日、マーティン・ブライアントという男が「発狂」し、銃で35人を殺した。 彼は2週間のアメリカ滞在から帰ったばかりの時に事件を起こしたが、親しい者の話ではアメリカから帰って来て人が変わったということだ。 
 
 実はブライアントは、1983年から84年にかけて、タヴィストック研究所のエリック・カニンガム・ダックス博士の「検査」を受け、将来の「治療」が決定されていたという。
 ブライアントは、アメリカで頻発している銃乱射事件に関与した多くの者と同様、「プロザック」を服用していた。
 
 マインドコントロールされたロボット人間は、通常のチャンネル外での人間同士で意思を伝えるのにも利用されている。 これには、世界の指導者同士の非公式連絡や、非合法な麻薬ネットワーク間での連絡も含まれる。
 この麻薬ネットワークには、アメリカの歴代大統領や、世界各国の指導者とその関係者も関わっているという。

 また、マインドコントロールされたロボットは、幼い子供も含めて、大統領、政治家、外国の指導者、営利企業者達などのために性的奴隷としても利用される。
 彼らエリートの「危険な遊戯」のために・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。