目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#36 ヒューマノイド
 ネバダ州エリコ市で天文学を教えているレン・シーモアは、エリア51付近で奇妙な人物との遭遇事件を明らかにした。

 1992年8月、天文学の他に生物学の研究もしているシーモアは、標本のトカゲを捕まえるため、ティカブーバレーにやって来た。しかし、その帰途で道に迷い、砂地に車輪を取られ車が動かなくなった。
 そして救援を求めて砂漠を歩き、ある道(グルーム・ロード)に出たところ、グルーム基地方面(この時点では、彼はまだ「エリア51」の存在を全く知らない)から一台の車がやって来た。

 シーモアは手を振って車を止めようとした。しかし、車にはパトロール・ライトが装着してあったにも関わらず、走り去ってしまった。
 シーモアは車の走行状態を見て、ドライヴィング・テクニックが全く無い素人が運転しているような感じを受けた。
 ところがなんと、走り去ったと思った車が戻って来たのである。シーモアは車を停止させ、身分を告げ、レッカー車を呼んでくれるように要請した。

 車には2人の男が乗っていたが、じっと正面を見据えたまま、突然ドライバーが口を開いた。
 「ワタシタチハ アナタガ ダレダカシッテイマス シンパイシナイデクダサイ トールトラックガキマス」

 それはゆっくりとした口調で一語ずつ抑揚のない喋り方だった。しかも、ドライバーはシーモアを見ずに、正面を見据えたままだったのである。運転の仕方といい、喋り方といい、シーモアは彼らを奇異に感じた。
 「セキュリティーか?」 シーモアは彼らに尋ねた。
 「ネリス クウグンキチ ノ セキュリティー ダ」

 さらにシーモアが、「スタックした車の所まで飲料水を取りに行くところだ」と告げた。すると彼らは、「シンパイハ イラナイ ワタシタチガ ミズヲ アゲル」と言って、ドライバーはグルーム基地方面に車をスタートさせた。

 10分程して戻って来た車の窓から、ドライバーが保温ビンに入った水をカップに注いでくれた。しかし水を注ぐ時も、なぜかドライバー達はじっと正面を向いたままだった。
 そしてシーモアが水を飲み干したとき、今度は助手席にいた男が口を開いた。
 「アナタハ コーヒーガ ホシイデスカ」そしてさらに「アップルハ イカガデスカ」と、子供と話すような口調で尋ねられた。

 こんなやりとりの後、遠方からヘッドライトを灯した車が一台近づいて来た。するとドライバーが、「オソラク アレハ シェリフ ダロウ」と言い残すと、車をグルーム基地方面にスタートさせて走り去って行ったのである。
 シーモアはシェリフの手を借りて、スタックした車を引っ張り出してもらい、エリコの町に戻った。

 シーモアによると、この2人のセキュリティーはいずれも40~50才くらいで、服装は砂漠用の迷彩服を着込み、メガネや帽子はなく、顔つきは全く普通の人間と変わらなかったという。
 しかし、動作が非常にロボット的で、ぎごちない動きだったと証言している。

 後日、友人や知人にこの体験を話すと、夜のラジオ・トークショーのリスナーからの投書が載った一冊の本を紹介された。
 それを読んで見ると、そこには「エリア51」のセキュリティー関係者からの投書があった。

 その一つになんと、「私が辞めたのは、相棒が生身の人間じゃなくてヒューマノイドだったからだ。多分、S-4あたりで作られたんだろう。時々、そういう連中がパトロールに駆り出される・・・」という証言があったのである。
 
 これを読んだシーモアは、これまでその存在すら知らなかった「エリア51」に興味を抱き、情報収集を始めた。そして、かつてそこで働いていたという人物と知り合う機会が巡ってきた。
 ある時、その人物に自分の体験を告げてみると、「非常に馬鹿げたことのように思うかも知れないが、それは事実である」という返事を得たのである。
 
 AI(人口知能)、ヒューマノイド、これらはこの先、どのような形で公に姿を現すのだろうか?・・・
スポンサーサイト
#35 エリア51
 アメリカはネバダ州の砂漠地帯にある、かつては最高機密だった空軍基地「エリア51」は、これまで常にUFOとエイリアン研究に結び付けられて来た。

 軍や政府は「エリア51はフライング・ソーサー(空飛ぶ円盤)の基地である」という怪情報を意図的に社会にばら撒いてきたが、これは真の目的をそらす為のカヴァーストーリーだったようだ。

 エリア51、そして他の軍事施設で実際に行われていた研究は、実はAI(人工知能)研究だという。事実、エリア51の中での「ドリームランド・セクション」という区域には「S(セクション)-4」と呼ばれるAI研究室がある。この研究室では、科学者達が人間の脳を移植出来るロボットの実験を行っているという。

 レディング大学のサイバネティクス(人口頭脳研究)のケヴィン・ワーウィック教授は、次のように断言している。
 「いつの日か、”機械”が地上で優位を占める”生命体”となる」
 さらに、「人間の持つ弱点や限界が取り除かれるならば、宇宙の未知の領域に対する我々の見方はこれまでと違って来る。これは2050年を待たずに判明するだろう。おそらくその頃には、人間が作り出した人工知能のネットワークが人類を超越し、これらの”生き物"は人類の滅亡を画策するだろう」と述べている。
 機械を「生命体」と呼んでいるところが、何とも一般大衆の視点からすると奇異に思えないだろうか?

 「UFOと安全保障国家」の著者であるリチャード・M・ドーランは、「コンピュータが自分の知能で自身をアップグレード出来るようになり、継続的に自身を再生出来るようになれば、やがて自己認識するようになる」という。
 また、「ハードウェア、ソフトウェア、連結性、記憶装置について、ひとたび一定の臨界質量に達すると、機械は自分自身の技術的必要性を予見し、ソフトウェアを更新する能力を飛躍的に開発するようになる」と述べている。
 
 さらに人工知能研究者レイ・カーツウェルは自身を持って断言している。
 「物事は私達が現在理解できるペースを遥かに超えて進んで行くだろう。またそれは、人間の知能の性質そのものにも影響する。私達は今の我々人間の知能から派生した知能を目にすることになるが、それは今の人間を凌駕しているだろう」

 このような事を、「絵空事だ」と笑い飛ばすのは簡単だが、この問題に関わりのある関係筋の多くが、2040年までにはこれらが現実のものとなるだろうと考えている・・・
 
#34 Angels don't play this HAARP
 1986年、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がクレムリン(旧ソ連)にメッセージを送り、世界の気象パターンへの介入をやめるよう求めた。
 内容は、NASA及びONI(米海軍情報局)が発見した、広域的で極めて異常な気象変化についてだった。この現象は南シナ海から東シナ海、そして日本海にかけて発生していた。
 
 アメリカの衛星「ホワイトクラウド」と「ライヨライト」は、この地域で巨大なキノコ雲が形成されている写真を送ってきた。
 当初はソ連による核爆発の結果ではないかと考えられたが、調査の結果、放射能の存在は示されなかった。火山灰も原因としては考慮の対象から外された。

 CIAが準備したローマ法王への報告の内容は、ソ連とアメリカが調印した気象調節に関する条約を詳細に検討したもので、また電磁エネルギーが巨大な高気圧の隆起となって中国上空に留まっている様子をも示していた。

 1986年3月には、この巨大な電磁波の塊が産み落とした強大な暴風系が、2万2400キロ近くに渡って陸と海とを駆け抜け、嵐はアメリカの西海岸地方に大災害をもたらした。このような暴風は、通常ならば移動距離が500キロを超える事はほとんどないという。
 
 NSA(国家安全保障局)はローマ法王に対し、日本海がELF兵器の実験場に使われていて、気象調節戦争の準備が進められていると報告した。
 アメリカの政府の科学機関は、そのようなこと(気象調節)は不可能だと公式には否定し続け、その一方ローマ法王に助けを求めた。

 1990年代に入り、ペンタゴンは3000万ドルをかけ、大気圏の上層部に1.7ギガワットものエネルギーを送り込めるように設計された強力な発信機を、アラスカ州ガコーナに組み立てた。
 このプロジェクトはHAARP(高周波活動オーロラ研究プログラム)と言い、表向きは「アラスカの電離層の複雑な自然変動を観察するため」だという。

 アラスカ在住のHAARPウオッチャーの一人、ニック・ベギーチ博士は、HAARPが実用段階になると、様々なことが可能になるという。

 例えば、世界的規模での気象コントロール、電磁波を利用した電気通信網の破壊、そしてHAARPから派生する「グローバル・シールディング」という技術で電磁バリアを張り巡らせれば、電磁波エネルギーがミサイルを始め、飛来してくる物体の電子回路に直接作用して、物体の方向攪乱はおろか爆発させることも可能だという。

 あるいはまた、地下まで浸透する電波の特性を生かし、その電波の様子を解析すれば、他国の地下核施設の正確な位置やトンネル網なども特定できるし、さらにはパルス化された電磁波というのは、人間の精神に影響し、感情障害や内臓疾患などを引き起こすが、その使い方いかんでは精神をもコントロールする事が出来るという。

 実際、ロシアの科学者は旧ソ連時代、収容所群島の囚人を使って実験を行った結果、収容所という管理された環境下でも「集団暴力症候群」が囚人の間に引き起こされた。
 要求するものに合わせてELFパルスをチューニングしたわけで、同じようにこの技術を使えば、銃を乱射して暴れ回らせることも出来るという。

 ロシアが行ったHAARPモデルを使ったシュミレーションによるシベリア上空のFOBS(部分軌道爆撃体制=軌道上を回る砲座で、地球上のいかなる地点の上空にも位置を取り、核兵器を発射する事が出来る)実験では、FOBSに搭載した核が地球の上空700~800キロという高度での爆発が放出するエネルギーの衝撃波によって、HAARP施設全体を一掃出来る事が示された。
 
 さらにロシアの科学者は、メガジュール送信機からの一撃のみでHAARP基地は破壊され、融けて一つになった金属の塊しか残らない、と語っている。 HAARPのアンテナは大地にむき出しだが、ロシアの装置は厳重に防御された基地内に埋め込まれている。ちなみにHAARPの出力1.7ギガワットに対して、ロシアのジャイロトロン(数ある装置の中で最大のもの)の出力は10ギガワットとケタ違いである。

 何度でも言うが、これはSF小説の中の話ではなく、昨今の異常気象や大災害などにこういった兵器が使われているのを妄想だと言う方がいたら、あなたは幸せである。
 それは「無知であるがゆえの幸せ」なのだが・・・


#33 ELF兵器とは
 極低周波(ELF)とは毎秒20万サイクル未満の電波をいい、人体に致命的な影響を与えることが知られている。
 ELF兵器は1950年代に電磁対人兵器(EP)と並行する形で開発されたが、これを行ったのは旧ソ連のみであった。

 アメリカはU2偵察機をソ連上空に送り込み、電磁気による高出力マイクロウェーヴ発生装置の開発に従事する数々の研究施設をスパイしようと試みた。
 そのうちのゲイリー・パワーズが操縦する1機が1960年5月にELF装置によって撃墜され、アメリカ軍上層部を驚愕させた。
 
 公式見解では、U2は地対空ミサイルで撃墜されたということになっているが、この時の高度は約27000メートルだった。この高度は当時配備されていたいかなる地対空ミサイルの射程範囲をも大きく超えるものだったのだ。

 さらにパワーズは、ソ連側の尋問に対して、機は「何かにぶつかったようだった、ものすごいオレンジ色の光が見えて、それが消えないでずっとついて来るようだった」 と語っている。

 時の大統領アイゼンハワーはこのスパイ指令を「気象観測用機」だとして言い逃れしようとした。フルシチョフはELF干渉波送信兵器の力を誇示すべく、さらに命令を下した。

 1963年4月10日、サリサーゲンから巨大なELF送信機によって爆発的なエネルギーが稲妻のように放出され、アメリカの原子力潜水艦「スレッシャー」が完全に制御不能にされた。
 その一撃で電気系統を破壊されて操縦不能となったスレッシャーは海底に沈み、海水の巨大な圧力によって押しつぶされ、乗組員は全員が死亡した。
 
 その翌日4月11日、フルシチョフはさらに命令を下し、プエルトリコ北東沖の深海に再びエネルギーの大放出を行わせた。ELF発生装置は膨大な電磁エネルギーを水中に放出し、高さ800メートルを超える巨大なキノコ雲を立ち昇らせた。
 爆発はFBI、アメリカ沿岸警備隊、近くを飛行中のジェット機数機の乗組員ほか、その海域の船の船長らに目撃された。この爆発によって、温められた海水が大量に舞い上がって太平洋の冷たい海水を覆い、その後異常な気象変化がいくつも記録された。(エルニーニョの始まり?)
 
 つまり気象を操作する兵器としても使えるということだ。事実1972年には国務省を通じ、アメリカがソ連との間である議定書(協定)に調印している。
 それは、双方が気象調節を相手国に対して兵器として使用しないことに同意する協定で、どのような気象調節が禁止されるのかが文書でリストアップされていた。
 具体的には地滑り、津波、地震、集中豪雨、竜巻、吹雪、その他攻撃を受けた側の国での快適な生活を損なう可能性のあるものが数多く含まれているという。

 さらに1975年のジュネーヴ軍縮会議において気象調節及び気象操作の真実が公開されたという。ハリケーンを誘導し、地滑りを起こし、火山を活性化させ、地震を発生させ、さらには降雨を止めて旱魃を生み出し、日照りの後に何日も豪雨を降らせるなどということが、技術的には可能なのだという。

 実はこのようなノウハウはクロアチアからアメリカに渡った電気工学者「早すぎた天才」ニコラ・テスラが1905年に可能性を示している。
 1912年にテスラは拡大送信機を発明し、気象調節の時代がやって来たことを明らかにしている。

 アメリカの科学者は懐疑的だったが、ソ連はそれを疑わなかった。ソ連の科学者チームは、ワシントンのアメリカ特許局で何年もかけてテスラ送信機のデータと、テスラの数千ページに及ぶ研究内容とを書き移した。
 ソ連はこの究極とも言える兵器を、世界のどの国よりも早く実戦配備するに至った・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。