目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#34 Angels don't play this HAARP
 1986年、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がクレムリン(旧ソ連)にメッセージを送り、世界の気象パターンへの介入をやめるよう求めた。
 内容は、NASA及びONI(米海軍情報局)が発見した、広域的で極めて異常な気象変化についてだった。この現象は南シナ海から東シナ海、そして日本海にかけて発生していた。
 
 アメリカの衛星「ホワイトクラウド」と「ライヨライト」は、この地域で巨大なキノコ雲が形成されている写真を送ってきた。
 当初はソ連による核爆発の結果ではないかと考えられたが、調査の結果、放射能の存在は示されなかった。火山灰も原因としては考慮の対象から外された。

 CIAが準備したローマ法王への報告の内容は、ソ連とアメリカが調印した気象調節に関する条約を詳細に検討したもので、また電磁エネルギーが巨大な高気圧の隆起となって中国上空に留まっている様子をも示していた。

 1986年3月には、この巨大な電磁波の塊が産み落とした強大な暴風系が、2万2400キロ近くに渡って陸と海とを駆け抜け、嵐はアメリカの西海岸地方に大災害をもたらした。このような暴風は、通常ならば移動距離が500キロを超える事はほとんどないという。
 
 NSA(国家安全保障局)はローマ法王に対し、日本海がELF兵器の実験場に使われていて、気象調節戦争の準備が進められていると報告した。
 アメリカの政府の科学機関は、そのようなこと(気象調節)は不可能だと公式には否定し続け、その一方ローマ法王に助けを求めた。

 1990年代に入り、ペンタゴンは3000万ドルをかけ、大気圏の上層部に1.7ギガワットものエネルギーを送り込めるように設計された強力な発信機を、アラスカ州ガコーナに組み立てた。
 このプロジェクトはHAARP(高周波活動オーロラ研究プログラム)と言い、表向きは「アラスカの電離層の複雑な自然変動を観察するため」だという。

 アラスカ在住のHAARPウオッチャーの一人、ニック・ベギーチ博士は、HAARPが実用段階になると、様々なことが可能になるという。

 例えば、世界的規模での気象コントロール、電磁波を利用した電気通信網の破壊、そしてHAARPから派生する「グローバル・シールディング」という技術で電磁バリアを張り巡らせれば、電磁波エネルギーがミサイルを始め、飛来してくる物体の電子回路に直接作用して、物体の方向攪乱はおろか爆発させることも可能だという。

 あるいはまた、地下まで浸透する電波の特性を生かし、その電波の様子を解析すれば、他国の地下核施設の正確な位置やトンネル網なども特定できるし、さらにはパルス化された電磁波というのは、人間の精神に影響し、感情障害や内臓疾患などを引き起こすが、その使い方いかんでは精神をもコントロールする事が出来るという。

 実際、ロシアの科学者は旧ソ連時代、収容所群島の囚人を使って実験を行った結果、収容所という管理された環境下でも「集団暴力症候群」が囚人の間に引き起こされた。
 要求するものに合わせてELFパルスをチューニングしたわけで、同じようにこの技術を使えば、銃を乱射して暴れ回らせることも出来るという。

 ロシアが行ったHAARPモデルを使ったシュミレーションによるシベリア上空のFOBS(部分軌道爆撃体制=軌道上を回る砲座で、地球上のいかなる地点の上空にも位置を取り、核兵器を発射する事が出来る)実験では、FOBSに搭載した核が地球の上空700~800キロという高度での爆発が放出するエネルギーの衝撃波によって、HAARP施設全体を一掃出来る事が示された。
 
 さらにロシアの科学者は、メガジュール送信機からの一撃のみでHAARP基地は破壊され、融けて一つになった金属の塊しか残らない、と語っている。 HAARPのアンテナは大地にむき出しだが、ロシアの装置は厳重に防御された基地内に埋め込まれている。ちなみにHAARPの出力1.7ギガワットに対して、ロシアのジャイロトロン(数ある装置の中で最大のもの)の出力は10ギガワットとケタ違いである。

 何度でも言うが、これはSF小説の中の話ではなく、昨今の異常気象や大災害などにこういった兵器が使われているのを妄想だと言う方がいたら、あなたは幸せである。
 それは「無知であるがゆえの幸せ」なのだが・・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。