目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#47 麻薬戦争の裏側
 ロサンゼルス市警察(LAPD)の元麻薬捜査官マイケル・C・ルパートは、自身の発行する月刊ニュースレター「フロム・ザ・ウィルダネス」の中で、麻薬取締局(DEA)が1985年にマイアミ郊外のタミアーミ空港で「おとり捜査」をした際のフィルムに、ジョージ・W・ブッシュ(子)とその弟で後にフロリダ州知事を務めるジェブ・ブッシュが写っていると語っている。

 CIAとブッシュ・ファミリーによる麻薬密輸に関わった工作員テリー・リードが、ブッシュ家所有のキングエアー200型機でアーカンソー州ミーナにあるインターマウンテン空港へ行き、メデジン・カルテルに潜入していた秘密工作員バリー・シールという男からコカイン2キロを受け取ったという。
ちなみに、当時のアーカンソー州知事はビル・クリントンだった。 

 テリー・リードは自著で、ブッシュ・ファミリーの麻薬密輸に関するバリー・シールとの会話を引用している。リードが、ジョージ・ブッシュの息子達が麻薬ビジネスをしていることについて尋ねると、シールは答えた。

 「ああ、その通りさ。DEAに寝返った奴がフロリダにいて、ブッシュ(父)のガキどもの証拠を押さえてるんだ。
 俺はそれをコロンビアの確かな筋から聞いていたんだが、ずっと黙ってた。必要な時にカードを切れるように待ってたんだ。今がその時だ。名前も、日付も、場所も押さえてるし、・・・録音テープもある。
 ブッシュの兄弟が現行犯で写ってるビデオまであるんだ。これは俺の保険だと思ってる。・・・税関やDEAへ持ち込めば大変なものだから、ガキどもは俺の思いのままさ」

 だが、彼の「保険」は意味をなさなかったようで、1986年2月、ルイジアナ州ペイトンルージュでシールは射殺される。
公式には、犯行はマック10マシンガンを持ったコロンビア人ヒットマン2人の仕業ということになっている。が、おそらくアメリカ政府のトップレベルが、シールが潜入員であると、メデジン・カルテルに「売った」可能性が高い。

 記者会見でクリントンは、シールとはほとんど面識はないと言ったが、多くの人が、リトルロックにあるクリントンお気に入りの中国料理店フー・リンで食事する2人を目撃している。バリー・シールにとって、相手はあまりにも大きすぎたようだ。

 1999年に出版された「幸運なる2世 ジョージ・ブッシュの真実」の著者J・H・ハットフィールドは、マスメディアによる全米規模の圧力を受けた。

 本の内容は、ブッシュ(子)は、州兵として勤務中の1972年に麻薬の容疑で逮捕されたが、ある共和党判事と父ブッシュが動いて、ヒューストンのスラム地区を対象とした「プロジェクトPULL」という奉仕プログラムに参加することと引き替えに、記録を抹消してもらったというものだった。

 権力の圧力により、出版元のセント・マーティンズ・プレス社は本を回収した。しかし、2000年になって、ニューヨークのローワー・イーストサイドにあるソフト・スカル・プレスという小さな出版社が再度この本を出版した。

 発行人のサンダー・ヒックスはテキサス州空軍州兵から入手した文書を公開し、ブッシュが健康診断を受診しなかったために飛行禁止処分になっていたこと、しかもそれが、ブッシュ(子)がコカイン所持で逮捕された(とハットフィールドが主張している)のと同じ時期だったことを明らかにした。

 2001年7月18日、ハットフィールドはアーカンソー州スプリングデールのホテルの一室で死体となって発見された。
警察は、医者から処方された薬を大量に服用しての「自殺」と発表した。

 ハットフィールドには妻子もあり、自著が再出版されることにもなったわけで、自殺する動機もなく、「自殺された」(自殺を装って殺された)のは確実だろう。
 
これでアメリカ政府が戦っている「麻薬戦争」が茶番だという事実が浮かび上がってくる。ブッシュ家のような支配エリートは、法の外にある。無論、アメリカに限ったことではないと思うが・・・

スポンサーサイト
#46 ビッグ・ブラザー
世界権力の青写真とされる、1949年に書かれたジョージ・オーウェルの著書「1984年」の中に見られる、世界権力の思想・信条をいくつか取り上げてみたい。

 「党はただ権力のために権力を求めている。我々は他人の幸福(市民の幸福?)などにいささかなりとも関心は抱いていない。我々は権力にしか関心がないのだ。・・・ただ権力、それも純然たる権力のためなのだ。

 純然たる権力とは何か・・・我々は過去のあらゆる少数独裁制とは根本的に違う。その限りにおいては我々は計算ずくで行動している。我々以外の独裁者は、我々に良く似ていた独裁者でさえ臆病で、偽善者だったに過ぎない。

 ナチ・ドイツもロシア共産党も、方法論の上では我々のそれに極めて近かったが、しかし、彼らには権力追求の動機を口にするだけの勇気は無かった。彼らは不本意ながら、そして暫定的に権力を握ったのであり、しかも眼前に人間の自由と平等を実現する地上の楽園が来ているような態度を装うか、あるいは本気にそう思い込みさえしたのであった。
 
我々はそんな手合いとは違うんだ。およそこの世に、権力を放棄する心算で権力を獲得するものはいないと思う。権力は一つの手段ではない、れっきとした一つの目的なのだ。何も革命を守るために独裁制を確立する者はいない、独裁制を確立するためにこそ革命を起こすものなのだ。
 ・・・権力の目的は権力それ自体にある・・・」

 あらゆる欲望の中で、権力欲・支配欲が最も強力だというのは間違っていないようだ。

 「・・・権力は集合的なものだということ。個人は個人に留まりさえしなければ権力を持つことが出来る。・・・人間が完全に自己放棄を行い、自己だけの存在から脱却して党に合体し、自己即ち党ということになれば、彼は全能となり、不滅の存在になるのだ・・・」

 典型的な例は、エール大学に本拠を置く悪名高きエリート秘密結社「スカル・アンド・ボーンズ」のイニシエーション(入会儀式)だろうか?
この中には「夫婦生活の喜び」と呼ばれるものがあり、裸で棺に横たわり、マスターベーションをしながら、自分の過去の性体験をこと細かく告白しなければならないそうだが?・・・
 これは極端な例としても、個を破壊して、組織のメンバーとして叩き直す(生まれ変わらせる)という点では、営利企業等の研修やセミナーでも見受けられるだろう。

 「人間を意のままに出来る力が権力だということである。肉体、いや、とりわけ精神を意のままに出来る力だ・・・服従だけでは充分じゃない。相手が苦しんでいない限り、彼が自分の意志ではなくて当方の意志に従っているということが、一体どうやって確認できよう?

 権力とは相手に苦痛と屈辱を与えることである。権力とは人間の精神をずたずたに引き裂いた後、思うがままの新しい型に造り直すということだ。

 ・・・それは昔の改革者達が夢想した愚かしい快楽主義的なユートピアとは正反対のものだ。恐怖と裏切りと責め苦の世界、人を踏みつけ人に踏みつけられる世界、純化されるに従っていよいよ非情になって行く世界なのだ。(弱肉強食、構造改革後の格差社会?)

 ・・・我々の文明は憎悪に基礎を置く。・・・君が未来の世界を描きたければ、人間の顔を踏みつけるブーツを思い浮かべればよい。永久に踏みつけられる図を、ね」

 「党には二つの目的がある。一つは地球の全表面を征服すること、もう一つは自主独立の思想の可能性をきっぱりと絶ち切ることである」

 現状、権力が市民を監視している世の中だが、市民が目を覚まし、権力を監視(腐敗しないように)する世の中こそが、本来の健全な社会ではないだろうか?・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。