目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#10  アヘン戦争と麻薬貴族
 300人委員会の前身とされる300人評議会(貴族階級)は、BEIC(イギリス東インド会社)を支配していた。
 1683年、ベンガルからイギリスに到着した最初の積荷は、BEICの「紅茶クリッパー船」によって運ばれた。
 
 それは、アヘンを自作農や低所得者階級といった一般大衆に広めようとする社会実験、つまり「テスト・マーケティング」のためだった。
 だが、イギリスの低所得者階級はこれを拒否したため、結局、中国に市場を見出す。
 
 BEICの創設した「中国内陸伝道団」は、表向きはキリスト教の布教団体だったが、実際はアヘンという「新製品」を市場に紹介する「販売促進活動」だったようだ。
 貧困にあえぐ中国人労働者(クーリー)に、サンプルとその吸い方を「伝道」し始めると、それから莫大な量のアヘンが中国に流れ込み、アヘン窟は中国全土に広がっていった。
 公認の歴史では、BEICは茶の交易とされているが、事実上世界初の「麻薬株式会社」だったわけだ。

 実は中国へのアヘン供給は、イギリス政府 による公式の独占事業であり、公式政策であった。
 中国(清朝)政府 は、1729年アヘン売買禁止令によってアヘンの輸入を禁じたが、イギリスの特殊秘密警察(後のMI6,またはSIS=秘密情報部)は、やっかいな中国の役人は買収し、それが不可能な場合は殺害した。

 1729年以来、イギリス王室は代々、ドラッグ取引から莫大な利益を得ており、それは現在も同様である。
 中国に対するアヘン戦争は、ヴィクトリア朝時代の大臣の一人、パルマストーン卿がかつて語ったとおり、中国に「勝てる相手ではないことを身をもってわからせる」ためのものであった。
 
 その後、歴代の中国政府 はイギリスと戦うより、協力する方が得策だと考えるようになり、近代に入ると両者の関係は香港協定によって強固なものとなり、そして立場は平等になっていった。

 イルミナティ、300人委員会の監視のもと、ドラッグ貿易は行われているが、ヘロインをヨーロッパに持ち込む一つのルートは、モナコ公国を通ることである。
 モナコのグリマルディ家は、数世紀に渡ってドラッグを密輸入してきた。
 貪欲なレーニエ大公は所得隠しを始め、300人委員会の3回に渡る警告にもかかわらず、やめようとしなかった。

 レーニエは、自らそのメンバーであった300人委員会の力を侮っていたのであろう。
 妻の元ハリウッド女優グレース公妃は、自動車事故を装って殺された。
 彼女が乗っていた車(ローバー)のブレーキ液室が何者かに細工され、ブレーキを踏むたびにかなりの量の液体が漏れていたのだ。
 ヘアピンカーブにさしかかる頃にはもうブレーキは利かなくなり、石の壁を飛び越えて崖下に転落し、見る影もなく車は大破した。
 
 このグレース公妃殺害を隠蔽するため、300人委員会はありとあらゆる手を使った。
 今日までこのローバー車はフランス警察が管理し、防水布で覆われ、調査はおろか誰も近づくことすら許されない。
 グレース公妃暗殺のシグナルは、キプロスにあるイギリス陸軍(GCHQ政府通信本部)が傍受していた。
 この暗殺は、モンテカルロ委員会とP2(プロパガンダ・デュー)メーソン結社がその命令を下したものと、信頼できる情報筋は見ている。
 
 アメリカにおける「東部エスタブリッシュメント」と呼ばれる、20~30の名門一族の一つラッセル家(イルミナティ)は、アヘン戦争中トルコから中国へとアヘンを密輸することによって、莫大な富を築き上げた。
 麻薬を運ぶラッセルの船には、スカル・アンド・ボ ーンズの髑髏の旗が翻っていた。
 
 スカル・アンド・ボ ーンズはアメリカで最も邪悪なエリート悪魔主義結社であり、コネティカット州エール大学が根拠地だが、ラッセル家の違法な麻薬取引から得た資金によって創立された。

 そして、スカル・アンド・ボ ーンズのメンバーは合衆国全体に絶大な権力を振るっている。
 中でも傑出したメンバーといえば、大統領と司法長官を兼任した合衆国史上唯一の人物であるウィリアム・ハワード・タフト、そして、「北米の麻薬王」ジョージ・ブッシュ(父)が挙げられる・・・
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。