目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#11 英米を支配する見えない政府
 19世紀末、大英帝国にエリート秘密結社「円卓会議」が、セシル・ローズ(300人委員会)によって設立された。
 やはり、ロスチャイルド家がスポンサーであった。
 
 その目的は、イギリス王室に忠実なビジネス・リーダーを養成し、手始めに南アフリカに眠る莫大な鉱物資源、金(ゴールド)とダイヤモンドを確保させることだった。

 1899年、円卓会議によって仕組まれた対南アフリカ戦争(ボーア戦争)により、ボ ーア人を大量虐殺し、目的は達成された。
 この莫大な鉱物資源の全面的支配権は今も、300人委員会に名を連ねるオッペンハイマー家が維持している。
 ネルソン・マンデラ率いるANC(アフリカ民族会議)が政権の座についてからも、だ。

 セシル・ローズの死後、その遺産によって創立されたローズ奨学金制度は「グローバリスト」養成制度とも言える。
 選別された留学生たちは、オックスフォード大学で「世界政府イデオロギー」を叩き込まれ、それら留学生の大部分は母国に戻って、政治・経済を指導することになる。
 有名なローズ奨学生には、合衆国大統領を2期務めたビル・クリントンがいる。

 その後、円卓会議の分派・下部組織として、RIIA(王立国際問題研究所)、そのアメリカ支部としてCFR(外交問題評議会)が設立された。

 1911年に設立されたRIIA(チャタムハウス)は、イギリス王室の外交政策を推し進めるためのシンクタンクとされているが、その規則として、
 「チャタムハウス・ルールの適用を受ける会議の参加者は、会合またはその一部において得られた情報を自由に使用する事ができるが、当該情報の発信者氏名およびその身分、ならびに会議の他の出席者氏名およびその身分を明らかにすることはできない。
 また、その情報が本研究所における会議において得られたものと公表する事はできない」
 さらに、「・・・本研究所の会員がルールに違反した場合、懲罰処分とする事ができる」
 と徹底した秘密主義を貫いているが、イギリス各界の名士達がメンバーである事は間違いないだろう。
 当然この「懲罰処分」とは、ポスト剥奪やスキャンダルによる「人格抹殺」、あるいは「物理的抹殺」のことだろう。
 まさに、ラ・コーサ・ノストラ(いわゆるマフィア)のオメルタ(沈黙の掟)と何ら変わりはない。

 1921年に設立されたCFRは、ニューヨークはマンハッタンにあるハロルド・プラット・ハウスに本拠を構えている。
 アメリカでもトップクラスの指導層から約3、000名が参加しているという。
 
 そして設立されてから何と50年あまりも、その名前がマスメディアに登場する事はなかった。
 アメリカの主要な新聞、TV、雑誌などのメディアの経営トップが参加しているのに、である。
 一般市民に知らせないようにしているのは疑いもない。

 アメリカの民主党と共和党の全ての大統領候補、閣僚ポスト、上院および下院の大部分、外交その他の政策立案の中心人物、CIA,FBI,IRS(国税庁)、その他の政府 機関のほとんどを掌握しているCFRは、ホワイトハウスの上にある「見えない政府 」である。

 事実として1928年以降、大統領選挙を制したのは、いずれもCFRのメンバーである。
 リンドン・ジョンソン、ロナルド・レーガン、ジョージ・ブッシュ(子)は例外にあたるが,政権の中核ポストの大部分はCFRメンバーだった。 
 大統領が民主党であろうが共和党であろうが、政権内の重要ポストはほとんどが、CFRのものなのだ。

 アラバマ州知事を4期務め、民主党候補、あるいは独立候補として4回大統領選に臨んだことのあるジョージ・ウォーレスは、「民主党と共和党の間には、10セント硬貨ほどの違いもない」と述べた。

 CFRの公式機関誌「フォーリン・アフェアーズ」50周年記念号の巻頭記事は、「国家の目指すべきところ」というタイトルで、
 
 「我々米国が目 指すべきは、アメリカという国家の廃止である。(中略)・・・そのためには一定のリスクを冒す必要がある」と言ってのけている。
 
 つまり、アメリカ合衆国は内側から崩壊しつつあり、もうそれは目前に迫っている。
 日本がこのままご主人様に盲従していく限り、日本もそれに巻き込まれていくのは間違いない・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。