目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#4 新世界秩序=世界人間牧場計画
 イルミナティ、300人委員会はワン・ワールド政府 樹立のために、様々な下部組織を作り、運営している。

 円卓会議、RIIA(王立国際問題研究所)、CFR(外交問題評議会)、日米欧三極委員会、ビルダーバーグ・クラブ、ローマ・クラブ、MI6(英国軍事情報部第6課)、CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)、モサド(イスラエルの諜報機関)、ADL(ユダヤ名誉毀損防止連盟)、IMF(国際通貨基金)、BIS(国際決済銀行)、国際連合、NATO(北大西洋条約機構)、タヴィストック人間関係研究所(英)、SRC(スタンフォード・リサーチ・センター)、ハーバード心理学診療所、ハドソン研究所、MIT(マサチューセッツ工科大学)、WHO(世界保健機関)、環境保護団体グリーンピース、等など、とても一度に書ききれるものではない。これらの組織については、今後紹介していく事になるだろう。

 新世界秩序の事を、グローバル・エリート達は仲間内で、世界人間牧場(グローバル・プランテーション)とも呼び合ってるらしい。彼等の描く未来は、それを知ったら、私達世界の市民がとても受け入れられるものではない。
 だからこそイルミナティ、300人委員会はその存在を隠し、先に挙げたような様々な組織を通して各国政府を操作し、時には破壊し、マスメディアも操作して私達が真実に気付かないうちに、世界人間牧場へと私達を追い込みつつある。
 グローバル・エリート達の描く未来図、グローバリズムの行きつく先、それは・・・

 ワン・ワールド政府 及び単一の通貨制度。その頂点には終身制の、選挙によらない世襲の寡頭支配者がいる。その支配者は中世と同じような封建的形態で、彼等の中から相互に選ばれる。
 このワン・ワールド国家の人口は、家族ごとの児童数の規制及び病気、戦争、飢饉等で調整され、2050年までに少なくとも40億人もの人口が削減(!)されるという。 中間層はなく、支配者と奴隷だけになる。 

 あらゆる法律は統一され、世界法廷の単一の法体系のもと、統一された同じ基準で法が執行される。 
 NATOの国連軍化によりワン・ワールド警察軍が編成され、もはや国境が存在しなくなった、「かつての国々」の全てにこの法が強制される。

 このシステムの基礎は福祉国家で、ワン・ワールド政府 に服従する者には、見返りとして生活手段が与えられる。反抗する者は結局飢え死にするか、又はアウトローの宣告を受け、当局に処分される。 

 個人の自由、又は自由についてのいかなる概念も残らない状態を作るため、国家主権、民衆の諸権利といったものは一切なくなる。 
 国家の誇りや人種としてのアイデンティティは撲滅され、ワン・ワールド政府 の創造物であるという考えをマインド・コントロールにより徹底的に注入される。

 宗教も、彼等が認める一つの宗教だけが認められる。それはワン・ワールド教会の形をとるもので、すでに1920年代から存在しているという。 それは、ルシファー(堕天使)崇拝である。
 
キャッシュレス社会が実現され、全市民にICチップが埋め込まれ、ID番号はベルギーのブリュッセルにあるNATOのコンピューター(666と呼ばれているらしい)にマスターファイルされ、食糧、水、住居、雇用、医療サービス等生きて行くうえで必要な手段全てが完全に管理・監視される。つまり、プライバシーも完全に消滅する・・・
 
 まさに、新約聖書の最終章「ヨハネの黙示録」の一節そのものである。
「また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、全ての人々に、その右手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。」

 これが、自らをオリンピアンズ(ギリシャ神話の神々)といい、世界の市民を「家畜 」と仲間内で呼んでいるグローバル・エリートたちの描くユートピアらしい。
 いわばそれは、サイバー警察国家、エレクトロニクス強制収容所そのものである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。