目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#41 湾岸大虐殺(ガルフ・ジェノサイド)
 湾岸戦争においても様々な最新兵器が使用されたが、ついには直接精神に幻影を生み出すサイキック・ウェポンもすでに存在しているようだ。
 
 この「バトル・フィールド・サプライズ」と言われるものは、まずイラク軍の前線に対して、ミサイルや爆撃機による徹底的な攻撃が行われた。
 次に、低空を忍び寄るステルスヘリからELF(極低周波)音波が発射される。これによりイラク兵は方向感覚欠如、吐き気、内臓の痙攣などを引き起こし、戦意ならびに戦闘能力を喪失する。さらには、ヘリから発射された、思念と化した電磁波が作る幻影を見せられる。

 例えばそれは、目の前で味方が溶けたり、爆発したり、戦車が真っ二つになったり、天空いっぱいに出現したアラーの神の姿だったりした。これによってイラク兵達はいとも簡単に降伏することとなる。

 だが、撤退を開始し、クウェート国境を越えてバスラに向かっていた、イラク兵や同行した民間人達を待ち受けていたのは、「死のハイウェイ」であった。
 人間を乗せたこの大輸送団は延々11キロ以上にもなったが、アメリカ軍のパイロット達はその先頭と最後尾の輸送車を攻撃し、撤退する部隊を、身を隠す所もない道路上に立ち往生させておいて、組織的な爆撃を開始した。

 彼らは交代で空母へ帰還して武器を積み直し、また戻ってきては大量殺戮を続けた。
 ジュネーヴ協定に従い、白旗を掲げてイラクに戻ろうとしているのに、だ。あるパイロットは、「樽の中の魚を撃つようだった」と語っている。

 また、別の戦線では12,000人以上のイラク兵が、占領していた防空壕に生き埋めにされたという。勿論これも、重大な国際法違反である。

 またアメリカ軍は、無防備なイラク国民に対し、燃料気化爆弾を使用した。この爆弾は爆発が2度起こる。最初の爆発で燃料の細かい霧が空気中に広がり、サッカー場くらいの範囲が着火寸前の混合気状態になる。
 第2の爆発でこの混合気に火が付き、大爆発が起こる。爆発力は通常火薬の中では最大級だ。
 爆発によって起こる風圧は人間の耐えうる風圧の5倍近くにもなり、この急激な気圧上昇だけで、地域内の人間はほとんど死んでしまう。口から肺が飛び出すこともあるそうだ。

 他には、人間の体を挽肉にしてしまう程の衝撃波を作り出す「ビッグ・ブルー」、人間の腰の高さまで一度バウンドしてから爆発し、確実に周囲の人間を粉々にするという「バウンド爆弾」、8,800個もの鋭利な破片を四方八方に飛ばし、人間の身体をバターのように切り刻む「ハチの巣」などが女性や子供も含めた民間人に使われたという。もはや「同じ血の通った人間」のする事とは思えない。

 一方、イスラエルからの攻撃に備えるという名目でイラクに駐留する5,000人のロシア兵に危害が及ばないように、ロシア指導部はワシントンに何度も警告するが、ブッシュとベーカー(国務長官)はろくに対応しようとはしなかった。ロシアはそれにすばやく対応した。

 10晩以上連続して、イスラエルのテルアビブとハイファに通常弾頭装備のロシア製改良型スカッドミサイルが撃ち込まれ、イギリス、アメリカ、イスラエルは驚愕した。
 しかもNATOの兵器格付けで時代遅れであると見なされていたスカッドを、前評判の高かった「パトリオット」による迎撃ミサイル防衛システムが機能せず、一発のスカッドも撃墜出来なかったのだ。

 それに加えてペンタゴンが目を見張ったのは、SS12がダーラン(サウジアラビア)のアメリカ軍兵舎に撃ち込まれたが、これも迎撃できず、アメリカ軍兵士は死亡し、150名の負傷者が出たことだ。
 つまり、「パトリオット」は途方もない失敗作だった。

 1991年4月23日、AP通信は次の事実を確認した。
 スカッドとSS12ミサイルは、ロシアのロケット旅団が保有するロケットの中で最低レベルにランクされている。
 パトリオットはこの低性能ミサイルにさえ全く太刀打ち出来なかった。パトリオットが旧式の部品に頼っているという事実が貧弱な性能と関係があったのかも知れない・・・

 湾岸戦争中、CNNによって夜毎世界のテレビに放映された場面は、「撃墜」ではなくて、標的を外したパトリオットが限界速度を超えたあげくに自爆した姿だった。
 少なくとも56基のスカッドミサイルがイスラエルやサウジアラビアに命中した。
 ある若いアメリカ軍兵士が、スカッドミサイルだけで19発が自分の部隊に命中したと証言している。

 つまり、近い将来日本がご主人様から導入するであろうMDシステムは、金の無駄以外の何物でもない、と言う事だ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。