目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#43 ベトナム戦争
 1989年に、ビルマ(ミャンマー)の悪名高いクン・サー将軍(麻薬王)はビデオ・インタビューの中で、「ビルマで生産されたアヘンは全て(年間900トン)アメリカ政府が買い取ってくれている」と述べた。

 アメリカがベトナム戦争に関わった主な理由の一つは、どうやらラオス、タイ北部、そしてミャンマーを結ぶ”黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”におけるアヘン貿易の支配・独占にあったようだ。

 軍事力において圧倒的に上回っていたアメリカは、数ヵ月のうちに勝利を収めるものと思われていた。だが、戦争に勝つことがアメリカ政府の目的ではなかったため、長期化・泥沼化することとなった。
 1960年代後半には、黄金の三角地帯は世界のアヘン生産の70%を占めた。
 
CIAは、自身が持つダミー航空会社エア・アメリカの小型飛行機やヘリコプターでこの地に入って行き、破壊されたり、治安が悪くなったりしていた輸送ルート(以前はコルシカ・マフィアとフランス情報機関が支配していた)を再開した。
 そして世界最大の麻薬工場の一つ(北ラオス)から、異なる三つのルートを経由して、ヘロインを当時の南ベトナム政府を通じてアメリカ軍のもとへ運んだという。

 5万7千人のアメリカ兵がジャングルで戦死している間に、CIAは世界最大の麻薬ディーラーとなった。その一方で、少なくとも15~30%のアメリカ兵がヘロイン(チャイナ・ホワイト)中毒になった。

 「ウォールストリート・ジャーナル」紙に掲載された記事でジョナサン・クイニー記者が、ヘロインがどのように戦死したアメリカ兵の遺体の中に隠されて、アメリカに運ばれたかを暴露している。
 兵士の遺体は切り開かれて、内臓を取り除かれ、時には一体につき50ポンド(約23キロ)ものヘロインが詰め込まれた。そうして遺体は、CIAのエア・アメリカによって、優先待遇でカリフォルニア州のノートン空軍基地に運ばれたのである。
 CIAはヘロイン加工の隠れ蓑として、ラオスに清涼飲料のブランド企業まで設立した。

 1973年、アメリカが”正式に”ベトナムから撤退した後も、カンボジア、ラオス、タイでは1980年代まで戦闘が続いていた。そして、現地には戦争捕虜(POW)が残されていた。

 その後、POWとその家族の熱心な支援者である保守派の億万長者ロス・ペローがこの問題に取り組み、面倒な状況を発見した。
 ジョージ・ブッシュ(父)との会話の中で、ペローはこう言った。
 「ジョージ、私は捕虜を探し始めているんだが、出て来るのは、アメリカ政府が世界を股にかけて麻薬取引を行っていることや、違法な武器売買に関わっているという話ばかりだ。不正を行っているアメリカ人がいるせいで、捕虜に手が届かないじゃないか」

 また、元グリーンベレーの作戦大佐ジェームズ・「ボー」・グリッツは、1991年に出した著書「徴兵」(ビデオ付)の中で、「政府がクン・サーが認めたような麻薬密輸を裏で行っていて、リチャード・アーミテージがその中心メンバーだとしたら、POW救出の努力が何度やっても不可解な失敗に終わったことも説明が付く。・・・それが本当なら、アーミテージがPOWの生還を望むことなど絶対にないはずだ」

 麻薬王クン・サー将軍はグリッツのビデオ・インタビューに応じ、一緒に仕事をしたアメリカ政府エージェントの名前を出すことに合意した。
 クン・サーによると、収穫アヘンの買い付け担当はリチャード・アーミテージで、フロリダ州のマフィアのボスとして悪名高いサントス・トラフィカンテとも仕事をしたそうだ。クン・サーが受け取った金は1トン当たり30万ドルだった。
 
グリッツは、当時のブッシュ(父)大統領に、ある話を持ちかけるが、ブッシュは聞こうともしなかった。アーミテージが麻薬や武器の密輸に関わっている説を裏付ける人物がバンコクのアメリカ大使館にいるという話だったのだが、その人物は当時の駐タイ大使モートン・エイブラモヴィッツによって解任されてしまった。言うまでもなく、ブッシュ自身も深く関わっているからである。
 
ちなみに、黄金の三角地帯でCIAと手を組んでいたのが、マフィアよりも強力な秘密結社と言われる中国の三合会であり、両者ともイルミナティの同意を得て動いているという・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。