目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#50 諸悪の根源
 1924年、ニューヨークのジョン・F・ハイラン市長はこのように発言した。

 「ウォールストリートは、政治・金融面での陰謀や策略の温床であり、彼らは食べるものから着るものまで、あらゆるものを支配しようとしている。国際銀行家によって富が作り出され、それが優遇されたごく少数の者になってゆく。

 信念を持たない政治指導者が動かされ、公職候補が指名される。合衆国の陸海軍が私的な目的に利用される。それも運命の手が人の手を動かすような、情け容赦のないやり方で・・・ 
 全てはウォールストリートで行われているのだ」
 
 イングランド銀行(イギリスの中央銀行)理事、サー・ジョサイア・スタンプはこう述べる。

 「銀行業務には不正行為がつきものであり、先天的に罪深いものだ。
 銀行家は地球を所有している。それを銀行家から取り上げてみても、金を作り出す権限が残されている限り、連中はさっとペンを走らせるだけで、取り上げられた地球を買い戻すのに十分な金を作り出すだろう」

 国際銀行家の世界支配の方法は、政府や国家に金を貸すことである。勿論、利子付きで、だ。その返済のために、政府は国民に税金を課しているのだ。

 だが、金を貸し出すだけでなく、政策にも口を挟む。そして銀行家にとって最も旨みのあるのは戦争である。戦争ほど速やかに政府の借金を増やすものはない。

 キャロル・キグリーは「悲劇と希望」にこう書いている。
 「政府に対する銀行家の助言は、銀行家にとっては常に有益だ。しかし、政府、実業家、一般市民にとっては破滅的な場合が多いことを前世紀(19世紀)の歴史が示している」

 また、アントニー・サットンは「連邦準備銀行の陰謀」でこう書いている。

 「パワーエリートにとって、通貨供給を民間が支配していることを大衆に気づかれ、理解されてしまうことほど危険なものはない」

 世界各国の中央銀行の株主達、彼らこそが世界権力の黒幕であり、選挙で選ばれた政府を背後から動かしている。民主主義なんてものは幻想に過ぎない。

 国民国家に真に仕えようとする政治家が出てきても、暗殺されるか、スキャンダルを仕掛けられ、失脚させられる。

 公認の歴史で偉大な人物とされているものは、あくまでグローバル・アジェンダに貢献したもの達である。

 FRB(米連邦準備銀行)の10大株主にも入るワールブルク(ウォーバーグ)一族のジェームス・ワールブルクは、1950年2月17日に合衆国上院で次のように演説した。
 
 「我々は、皆さんが好むと好まざるとに拘わらず、そのうち世界政府を作るであろう。唯一の問題は、それが合意に基づくものであるか、それとも征服によってなされるかである」

 彼ら国際銀行家達の目標は、世界的な金融管理システムを作り上げ、各国の政治システムと世界経済全体を支配出来るようにすることで、これがグローバリゼーションの行き着く先である。

 彼らの描くこのシステムに中産階級は存在しない。構造改革はこのために行われ、格差社会が日本でも進行している。
 勿論これは偶然でも、時代の必然性でもなく、仕組まれたものである。

 選挙の時にどの政党に投票するかよりも、影の支配者の存在と、偽りの金融システムに気付き、異を唱えることが、一般市民にとって最も重要なことではないだろうか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。