目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#25  未来の衝撃
 ストレス環境下の社会を見ると、一般階層のストレス反応が3段階に区別できるという。
 第1段階は攻撃を加えられた大衆は、スローガンを作って表面的には身を守る。
 しかしこれは危機の源を突き止めた事にはならず、状況が理解できない。
 従って有効的な防衛策を確立できず危機は持続する。
 
 第2段階の反応は解離とも言えるもので、大衆は分裂を引き起こす。
 これは危機が続き、社会秩序が崩壊した時に起こる。

 第3段階の反応は、「自分だけの現実」世界に引きこもって実際の危機から目をそらす、というものだ。
 こうした反応には、強度の達観的な理想主義と現実に適応できない病的症状とが見られる。
 
 人間行動学を専門分野とし、洗脳研究で最先端を行くタヴィストック研究所では、これを「深層域侵襲」と呼ぶ。
 
 1950年代にニューヨーク、ロサンゼルス、フィラデルフィア、シカゴで勃発した「不可解なギャング抗争」は、タヴィストックがアメリカに作ったSRC(スタンフォード研究所)が計画し,わざと社会にショックを与えて不安の波を起こそうと入念に仕組んだもの、とジョン・コールマン博士は述べている。

 1958年にはおよそ200を超えるギャンググループがいた。
 10年近くに渡って世間をにぎわし続けた後、1966年に忽然と彼らは姿を消した。
 
SRCがターゲットとしたグループ(ギャングが出没した地域の市民)は、スローガンを唱えて防衛し始めた。 
 これこそタヴィストックが第1段階と呼んだ反応であり、ターゲットとなったグループは危機の源を突き止められなかった。

 ギャングの抗争による危機の第2段階は「分裂」だった。
 ギャングのいない地域に住んでいる人は、「ギャングが近所にいなくてよかった」 と胸をなでおろした。
 これは気付いているいないに関わらず、危機の持続によって、社会秩序が崩壊し始めたという事実を示唆している。

 ギャングの抗争に影響されなかった人々は、危機の源が突き止められないために自己防衛を図る解離性障害、いわゆる「現実不適応症状」まで起こしたのだ。

 このギャング抗争の目的は、社会は総じて安全ではないとのメッセージを一般家庭に送り、不安を生じさせることだ。
 第2に、組織された社会はこうした暴力に対し全く無力だとわからせること。(警察などの治安当局は、この時なぜか効果的に対応しなかった)
 第3に、社会秩序が崩壊しつつあることを悟らせることである。

 ギャング間抗争が姿を消した60年代後半、アメリカ社会にドラッグ使用が増加するが、これはタヴィストックのいう 「未来の衝撃」 として知られる。
 「未来の衝撃」とは、情報を吸収しきれないほど、一度に押し寄せる一連の事件によるショックをいう。
 
 精神が処理できる変化の量や性質には明らかに限度がある。
 ショックが続いた後では、ターゲットとされたグループはこれ以上選択ができなくなり、代わって無関心がはびこる。
 こうしたグループは管理しやすく、反抗することなく従順に命令に従う。
 当然ながらこうしたターゲット・グループは多くの選択肢からの逃避手段として、進んでドラッグに溺れるようになる。
 こうしてドラッグはいわゆるビート・ジェネレーション、ヒッピーの間に急速に広まっていった。

 「Turn on,tune in,&drop out=LSDに同調して、社会から脱出(ドロップアウト)せよ」 に象徴されるカウンターカルチャー(反体制文化)の背後にはタヴィストックと、そしてCIAのプロジェクトがあった。

 そう、あの悪名高きマインド・コントロール計画、「MKウルトラ」である・・・
 MKウルトラでは少なくとも185人の科学者と80のアメリカ諸機関が関係しており、その中には刑務所、製薬会社、病院、さらには44の医科大学が含まれていたという。
 
 この計画には、化学的手段による人間行動と知覚の改変、「自白剤」の製造、感覚の剥奪、宗教的カルト、マイクロ波、心理的条件づけ、精神外科、薬物実験、脳内移植、放射線、電気ショック、拷問、継続的なノイズ(ホワイト・ノイズ)、生物兵器、精神探索(サイキック・リサーチ)、等の分野で数々の残虐行為が行われた・・・
#24  タヴィストック人間関係研究所
 イギリス陸軍心理作戦局は、第1次世界大戦中に大規模な政治宣伝を展開し、イギリス人にドイツを本当に敵だと信じ込ませ、さらにはそのプログラムを拡張して、ルシタニア号の沈没をきっかけにアメリカを参戦させた。
 
 しかしそれは、部分的な成功にすぎない、と結論づけられた。
 何か陰謀がおこなわれている、と感じるアメリカ人があまりにも多かったためだ。

 そこで1921年イギリス王室により、「タヴィストック人間関係研究所」 という洗脳センターがロンドンに設立された。
 
 目的はマインドコントロールと、長時間心理的ストレスに曝されたときに人間の精神が崩壊するのはどの時点かを、科学的に確立することだった。
 
 中心人物のジョン・ローリングス・リース少佐は、イギリス陸軍の兵士8万人を使った洗脳実験を行った。
 この5ヵ年計画の後、リースは、本人が全く望みもしない「処置」を大衆を相手に行って、参加者に全くそれと気づかせないでいることができる、と確信した。
 「被験者」のなんと99%が精神に手をつけられたことに、つまり洗脳されたことに誰も気付いていなかった(!)という。

 リースの発見は、病気の人間を治療するのに使うのと同じ心理療法のテクニックを、健康な大衆に適用して、病気にしてしまうことが可能だというものだ。
 そこから「タヴィストック流洗脳テクニック」を開発し、後にはターゲットとした国に対して、変化を起こすのに利用した。
 
 このテクニックを完成させるのに、ストレステストないし心理ショック(ストレス事象)が使われた。
 リースの理論は、集団全体がストレステストに曝されれば、任意のストレス事象に対して大衆がどう反応するかを前もって割り出すことが可能である、というものだ。逆に、目的の行動をとらせるためには、効果的なストレスを特定すればいい。

 このテクニックは「プロファイリング」といわれるもので、個人、大小のグループ、大衆ほか、あらゆる規模の組織に適用する事が出来るという。

 リースは精神科医を家庭、職場、学校など、社会全体に密接に関わらせようと考えた。
 そして、自らこの見えない軍隊の「突撃部隊」と呼ぶものを組織し訓練した。
 そして第2次世界大戦以降、アメリカ社会の隅々に「見えない突撃部隊」を送り込んでいる。
 彼らの任務は、集団としての社会行動に浸透し、知られることなくこれに手を加え、修正していくことである。
 彼らは人々のための「アドバイザー」を装い、経済、軍事、政治、教育などの各管理部門に入り込んでいる。

 また、タヴィストックのナンバー2、クルト・レヴィン博士はリースと協力して(ちなみに、二人とも300人委員会)様々な合衆国機関を作り上げた。  
 ハーヴァード心理クリニック、マサチューセッツ工科大学(MIT)、全米倫理委員会、ランド・コーポレーション、全米精神衛生協会、ナショナル・トレーニング・ラボラトリーズ、スタンフォード研究所、ウォートン経済学校等である。

 レヴィンは人物を選び、こういった超一流の研究機関の要職に就けた。
 こういった機関や団体が大衆を対象(ターゲット)にしたマインドコントロールを行って、彼らの望む方向へ大衆を操作している。
 
 リースは1954年にこう述べている。 
 「彼ら(見えない突撃部隊)の仕事は、心理戦争として知られる高度なテクニックを全ての集団に適用することだ。
 それらの集団がさらに大きくなれば、全人口も容易にコントロールすることが出来る。
 完全に狂気に走った世界では,政治及び政治分野に影響力を持つタヴィストックの心理学者集団が、互いに連携しながら調停役=影の権力組織となるに違いない」
 
 リースとレヴィンはイギリスとアメリカの法律を研究し、人を同意も通知もなしに「条件づけ」することが合法だと結論した。

 次回以降、タヴィストックが行った様々な「操作」を取り上げていくつもりである。 それはきっと、初めて知る人にとっては驚きの連続となるのは間違いない・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。