目覚めよ!1億2千万の羊たち!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#41 湾岸大虐殺(ガルフ・ジェノサイド)
 湾岸戦争においても様々な最新兵器が使用されたが、ついには直接精神に幻影を生み出すサイキック・ウェポンもすでに存在しているようだ。
 
 この「バトル・フィールド・サプライズ」と言われるものは、まずイラク軍の前線に対して、ミサイルや爆撃機による徹底的な攻撃が行われた。
 次に、低空を忍び寄るステルスヘリからELF(極低周波)音波が発射される。これによりイラク兵は方向感覚欠如、吐き気、内臓の痙攣などを引き起こし、戦意ならびに戦闘能力を喪失する。さらには、ヘリから発射された、思念と化した電磁波が作る幻影を見せられる。

 例えばそれは、目の前で味方が溶けたり、爆発したり、戦車が真っ二つになったり、天空いっぱいに出現したアラーの神の姿だったりした。これによってイラク兵達はいとも簡単に降伏することとなる。

 だが、撤退を開始し、クウェート国境を越えてバスラに向かっていた、イラク兵や同行した民間人達を待ち受けていたのは、「死のハイウェイ」であった。
 人間を乗せたこの大輸送団は延々11キロ以上にもなったが、アメリカ軍のパイロット達はその先頭と最後尾の輸送車を攻撃し、撤退する部隊を、身を隠す所もない道路上に立ち往生させておいて、組織的な爆撃を開始した。

 彼らは交代で空母へ帰還して武器を積み直し、また戻ってきては大量殺戮を続けた。
 ジュネーヴ協定に従い、白旗を掲げてイラクに戻ろうとしているのに、だ。あるパイロットは、「樽の中の魚を撃つようだった」と語っている。

 また、別の戦線では12,000人以上のイラク兵が、占領していた防空壕に生き埋めにされたという。勿論これも、重大な国際法違反である。

 またアメリカ軍は、無防備なイラク国民に対し、燃料気化爆弾を使用した。この爆弾は爆発が2度起こる。最初の爆発で燃料の細かい霧が空気中に広がり、サッカー場くらいの範囲が着火寸前の混合気状態になる。
 第2の爆発でこの混合気に火が付き、大爆発が起こる。爆発力は通常火薬の中では最大級だ。
 爆発によって起こる風圧は人間の耐えうる風圧の5倍近くにもなり、この急激な気圧上昇だけで、地域内の人間はほとんど死んでしまう。口から肺が飛び出すこともあるそうだ。

 他には、人間の体を挽肉にしてしまう程の衝撃波を作り出す「ビッグ・ブルー」、人間の腰の高さまで一度バウンドしてから爆発し、確実に周囲の人間を粉々にするという「バウンド爆弾」、8,800個もの鋭利な破片を四方八方に飛ばし、人間の身体をバターのように切り刻む「ハチの巣」などが女性や子供も含めた民間人に使われたという。もはや「同じ血の通った人間」のする事とは思えない。

 一方、イスラエルからの攻撃に備えるという名目でイラクに駐留する5,000人のロシア兵に危害が及ばないように、ロシア指導部はワシントンに何度も警告するが、ブッシュとベーカー(国務長官)はろくに対応しようとはしなかった。ロシアはそれにすばやく対応した。

 10晩以上連続して、イスラエルのテルアビブとハイファに通常弾頭装備のロシア製改良型スカッドミサイルが撃ち込まれ、イギリス、アメリカ、イスラエルは驚愕した。
 しかもNATOの兵器格付けで時代遅れであると見なされていたスカッドを、前評判の高かった「パトリオット」による迎撃ミサイル防衛システムが機能せず、一発のスカッドも撃墜出来なかったのだ。

 それに加えてペンタゴンが目を見張ったのは、SS12がダーラン(サウジアラビア)のアメリカ軍兵舎に撃ち込まれたが、これも迎撃できず、アメリカ軍兵士は死亡し、150名の負傷者が出たことだ。
 つまり、「パトリオット」は途方もない失敗作だった。

 1991年4月23日、AP通信は次の事実を確認した。
 スカッドとSS12ミサイルは、ロシアのロケット旅団が保有するロケットの中で最低レベルにランクされている。
 パトリオットはこの低性能ミサイルにさえ全く太刀打ち出来なかった。パトリオットが旧式の部品に頼っているという事実が貧弱な性能と関係があったのかも知れない・・・

 湾岸戦争中、CNNによって夜毎世界のテレビに放映された場面は、「撃墜」ではなくて、標的を外したパトリオットが限界速度を超えたあげくに自爆した姿だった。
 少なくとも56基のスカッドミサイルがイスラエルやサウジアラビアに命中した。
 ある若いアメリカ軍兵士が、スカッドミサイルだけで19発が自分の部隊に命中したと証言している。

 つまり、近い将来日本がご主人様から導入するであろうMDシステムは、金の無駄以外の何物でもない、と言う事だ・・・
#40 湾岸戦争(ガルフ・ウォー)
 長年求めてきた中東油田の完全支配に向けて、最大の障害はフセイン大統領であると認識したイルミナティ、300人委員会は、彼らの誇るプロパガンダ・マシンであるタヴィストック研究所にフセイン弱体化の任務を与えた。

 タヴィストックは心理学者、世論調査屋、タヴィストックのプロファイラー多数から成るチームを編成した。ブッシュ大統領が対イラク戦争を推進する意図で行った演説は全て、タヴィストックに雇われた、あらゆる専門分野を網羅するチームのメンバーが書いたものだった。

 第1にやるべきことは、国民の心に、「イラクによるクウェート侵攻で脅かされているサウジ油田を守る必要性は極めて高い」という気持ちを確立することだった。
 NSAはニセの誤った情報を流し、サウジ油田がイラクの究極のターゲットだと思わせた。NSAのアドバイザーはブッシュ政権に、始めから湾岸戦争計画に沿って国民を説得しなければならない、と言った。

 決定事項は、ヒトラーとサダム・フセインは同じだというイメージを作ること、「サダム・フセインを止めなければならない」という言葉を繰り返し使うこと、そしてフセインがヒトラーのように振舞っているという印象を与えることだった。

 世論操作の一例として、クウェートの駐ワシントン大使の娘が上院委員会に現れ、クウェートの病院でイラク兵が保育器から赤ん坊を次々と取り出して床に投げ捨てた、と語った。
 勿論この女性は、大使の娘という身分を明かさなかった。後に、これは全て広告代理店ヒル・アンド・ノウルトンの仕組んだでっち上げだったことが判明した。

 また、国務省がクウェート大使館員のことを「人質」だと言い続けたが、実際は誰も投獄された者などなく、誰でもいつでも自由に国外へ出られたのだが、彼らはクウェートに留まるよう命令を受けていた。
 メディア評論家のマーティン・リーとノーマン・ソロモンは「現実を現実と認めないこと、これこそ、心理的政治的に戦争支持の世論を作るときの秘訣だ」と述べている。

 こういったメディア操作は、実際に戦争が始まってからも続いた。
 「テレビで放映された、いかにも表面的でファミコン的な戦争の映像は、ニセ物だった」国防省の元防衛担当ピエール・スプレイの議会での証言である。
 「あれは、ビデオテープを繋ぎ合わせ、臆面もなく統計を手直しして作り上げたものなのだ」ということだ。

 合同取材による報道は、アメリカ軍から受け取る「スマート爆弾」の映像ばかり流していた。
 この「トイレの窓にでも入れられる程正確な爆弾」は実際には、70%が目標を外していた(これは国防総省自身の数字だ)という。
 
 戦争突入後1週間で早くもバグダッドに潜入していたただ一人の西側記者であるCNNのピーター・アーネットは、多国籍軍の突然の爆撃によってイラク唯一のミルク工場が破壊され、この国の新生児は飢餓に晒されていると報道し、世界的な非難を浴びた。

 アメリカ軍はイラクの主張を鼻先であしらった。「あれは生物兵器の基地だった。我々はそう確信している」統合参謀本部議長コリン・パウエルの言葉である。
 ところがこの工場の建設を請け負ったフランス人と、工場を定期的に訪れていたニュージーランドの乳製品技師は、あれはイラクが言っている方が正しいと断言している。

 爆撃機の出撃は延べ12万回に及んだが、攻撃の大半は民間人の居住区域だったことが後で判明する。
 ブッシュ政権は3大ネットワーク(ABC,CBS,NBC)の全面協力を取りつけ、これらメディアはイラクで空中撮影された映像をネットワークで流すのを拒絶した。
 その映像は、民間人の居住区域が破壊される様子を映したものだった。

 NBCのマイケル・ガートナー社長にストップをかけられ、番組プロデューサー達はその映像をCBSに持ち込んだ。
 CBS「イヴニングニュース」の編集長トム・ベタッグは、翌日の放送で誰かに担当させると言った。しかしベタッグはその夜のうちに解雇され、映像は葬られた。

 これがテレビニュースの実態であり、新聞やテレビで世の中を分かっていると思っている方がもしまだいたら、いい加減に気づくべきだ。
 では、実際にイラクで何が起こっていたのだろうか?・・・
#39 湾岸危機(ガルフ・クライシス)
 「1989年秋、イラクのクウェート侵攻のわずか9ヶ月前、サダム・フセインが喉から手が出るほど武器購入資金を欲しがっていたこの時期に、ブッシュ大統領はバグダッドとのパイプを太くするよう指示し、1億ドルの新たな援助に道を開く極秘の国家安全保障部門の命令書に署名した」 と、ロサンゼルス・タイムス紙上で、マリー・ワースとダグラス・フランツ両記者は書いた。
 
 さらに、「1990年7月、イラクの軍隊がクウェート市内に押し寄せる1ヶ月前という瀬戸際の時期でも、国家安全保障評議会や国務省の高官達は1億ドルの貸付金の第2回目の支払いを急いでいた」と書いた。
 
 また、「オブザーバー」紙によれば、1990年の早い時期、ブッシュはサダム政権のトップの一人に密使を遣わした。密使は「イラクはみじめな経済状況から抜け出すため、石油価格を高めに操作すべきだ」と告げたという。
 サダムは密使のアドバイスを受け入れ、部隊をクウェートの国境まで移動させた。
 
 侵攻が始まった1990年8月2日のわずか1週間前、アメリカの駐バグダッド大使エイプリル・グラスピーはサダムに対し 「例えば貴国とクウェートとの国境紛争のようなアラブ諸国間の紛争には、何ら口を差し挟むものではない」 と念を押しさえしている。
 さらに彼女はサダム・フセインに、ベーカー国務長官から託されてきた 「この問題はアメリカとは関係がない」 との伝言を伝えた。
 
 グラスピー・フセイン会談(ゴーサイン会談)の数日後、つまりイラクのクウェート侵攻のわずか3日前、中東担当の国務次官ジョン・ケリーは議会で次のような質問を受けている。
 イラクの今回の軍事行動の件で、「将来アメリカ軍を派遣せざるを得ないような取り決めや約束は何もしてないと言えるのか?」 それに対し、「全くその通り」とケリーは証言した。

 ABCのトップ海外特派員ピエール・サリンジャーとフランスのジャーナリストであるエリック・ローランが書いた「秘密書類」によれば、クウェート侵攻は1990年7月下旬に開かれた和平会談で避けられたはずであると述べている。
 イラン・イラク戦争でかかった費用を補う10億ドルの借款要請にクウェートが応じていれば、イラクも収まっていただろうという。
 
 「かなりの議論が交わされた後、(クウェート)皇太子は9億ドルの借款に原則的に応じた」とサリンジャーとローランは報じている。
 「皇太子が残りの1億ドルを与えることを拒否したのは、意図的な侮辱だとイラク側は受け取った」
 これに対し、石油で潤ったサウジアラビアは、侵攻を防ぐため大丈夫だと割って入った。残りの1億はこちらで提供しようという申し出である。

 ところが、問題が解決したかに見えたまさにその時、クウェート皇太子は、 「両国の国境をはっきりと確定する必要がある」 と両国間の最もセンシティヴな問題を持ち出した。
 侵攻に先立つ交渉が難航している最中に、クウェートの外務大臣シェイクフ・サバーフはヨルダンのフセイン国王にこう言っている。
 「サダムが国境を越えてくるなら、来させようではないか。アメリカがつまみ出してくれるだろうから」

 イラク軍はクウェート侵攻後、クウェート外務省で奪った書類の中から、クウェートの役人とCIAの会談結果を記した1989年11月22日付けの次のようなメモを発見した。
 「我々は、イラクとの国境線問題でイラク政府に圧力をかけるには、イラクの経済状態悪化を利用することが大切だという点で、アメリカ側と合意した。CIAはうまく圧力として効力をかける手段を我々に示し・・・」
 当然CIAはこの書類をニセ物と決めつけたが、会談があったこと自体は認めている。
 
 ブッシュは危機の初期において策略家に徹し、アラブ諸国をお互いにいがみ合わせた。
ヨルダンに対してブッシュは、アメリカは48時間以内は何もするつもりはないと告げたかと思うと、エジプトに対しては国務省を通じて、侵攻について「はっきりとした立場」を採らないと、今後エジプトがアメリカをあてにしてもらっては困ると脅しをかけた。

 国連では、ブッシュはある国には金を投げ与え、ある国には脅しをかけて「合同戦線」を築いた。国連の議事を報道したあるラジオ局記者によると、「イエメン大使は、もしイエメンがアメリカ主導の”武力の行使”決議に躊躇した場合、それは”最も高くつく反対票”になるだろうと告げられた」 そうだ。

 こうして、湾岸戦争への準備が着々と進められていった・・・
#38 アスパルテーム
 イルミナティは、ありとあらゆる方面から我々の精神や肉体に攻撃を加えている。
農薬や食品添加物等の化学毒を、食物を通して体内に注入し、健康を損ねさせている。

 その一つに、悪名高い人口甘味料「アスパルテーム」がある。アスパルテームは、フェニルアラニン(50%)とアスパラギン酸(40%)という2種類のアミノ酸を合わせて、メタノール(10%)で繋いである。
 情報自由法によって公開された1955年のFDA(米食品医薬局)の文書には、これによって失明したり死亡することもあると記されている。
 それ以外にも様々な科学者が、腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下、体重減少、骨格異常等を挙げ、短期記憶への影響もあるとしている。
 食品問題を専門に調査報道の著書も多いキャロル・ギルフォードは、アスパルテームは「細胞へのホロコースト」だと言っている。

 このアスパルテームが政府の認可を取るために、世界的な製薬会社GDサールに1977年に雇われたのが、前米国防長官ドナルド・ラムズフェルドであった。
 彼は長年にわたるイルミナティのインサイダー(内部者)で、グローバル・アジェンダにかなり貢献している。
 
 1974年にはフォード大統領の主席補佐官、そして1975年から1977年まで最初の国防長官を務めた。その後GDサール(現在はモンサント社の所有)の会長兼CEOを務めつつ、レーガン政権下において政府関係の様々なポストを与えられた。
 
 1981年1月、ラムズフェルドは販売会議を開いた時、ある参加者によると、「なじみに連絡して」年内にはアスパルテームを認可させると言ったという。
 
 各国にも同じような機関があるが、FDAもやはりイルミナティのフロント(前線機関)で、人類に有益なものは通さず、アジェンダに沿ったものは適切な検査もなしに次々と認可している。
 FDAは最初、馬鹿げたデータを基に使用を認めたが、動物に発作や脳障害が起きたという研究結果を見せられて、アスパルテームの認可を引っ込めた。
 
 しかし1981年にアーサー・ハル・ヘイズ(大学教授で、国防総省の契約研究員)が局長になると、公開調査委員会が科学的データを検討して全会一致で認可に反対し、延期を勧告していたにも関わらず、認可が復活した。
 ヘイズによる主な決定事項を見ると、最初が乾燥果物へのアスパルテーム使用認可で、最後が1983年の清涼飲料水への使用認可であった。
 その後FDAを離れたヘイズの次の仕事は、GDサールの広告代理店の上席顧問だった。

 ラムズフェルドは、この恐ろしい物質が広く使用されるように裏から手を回したことで数百万ドルを手に入れ、さらにGDサールがモンサントに買収されたときにはボーナスとして1,200万ドルをせしめた。
 ラムズフェルド以外では、ユタ州選出議員でモルモン教徒のオリン・ハッチもアスパルテームの件で圧力をかけ、独立機関などによるアスパルテームの安全性調査を押さえ込んで、GDサールから金を受け取っている。
 
 ノースイースタン・オハイオ大学医学部の精神医学教授ラルフ・G・ウォルトンは、アスパルテームの研究を全て検討し、人体の安全性に対して166もの直接的な影響を認めた。
 アスパルテーム産業が資金を出した研究は74あり、全て問題なしだった。ところが独立した資金による研究では、92%が安全性に問題ありとしていた。あなたは、どちらが真実だと考えるだろうか?

  ニュートラスイート(=アスパルテームの登録商標)のために虚偽の試験結果を提出したFDAの歴代の局長2人、研究員6人、弁護士2人は、後にFDAを辞め、GDサールに就職した。
 そしてミズーリ州セントルイスに本社を置くモンサント社(イルミナティの企業)は、ラムズフェルドのいたGDサールを1985年に買収してから、アスパルテームの使用認可の範囲を広げている。
 
 農薬にしても食品添加物にしても、これらは「不必要悪」であり、こうした巨悪に力を合わせて声を上げていくべきではないだろうか?
#37 ターミネーター遺伝子
 1990年のビルダーバーグ会議で、元米国務長官ヘンリー・キッシンジャーはこう発言した。
「エネルギーをコントロール(支配)することで国家を支配出来るが、食物を支配することで個人を支配出来る」

 食物連鎖の支配権を実際に握るには、最も重要なところ即ち種子から始める必要がある。
 栽培している作物から種子を採り、翌年のためにとっておくという従来の方法に代わって、今ではハイブリッド種子がある。
 これはより丈夫で、収穫量の多い作物を実らせる。農家は次第に従来の種子をとっておく必要を認めなくなり、遺伝子に手を加えたハイブリッド種子に頼るようになった。

 これらの種子の特許や所有権は現在、20社にも満たない多国籍企業が世界の全ての植物の種子の特許を所有しているという。
 農業バイオテクノロジーの世界的リーダーであるモンサント社やデュポン(イルミナティ)、W・M・グレース、バイエル、ファイザー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド等が大手である。
 そして、ロックフェラー財団が世界の主要な穀物の95%の種子の特許を支配している(!)という。
 
 ケン・コービットは「ネクサス・マガジン」の1994年8・9月号で次のように述べた。
 「世界の種子の絶対的な支配権、そして突き詰めれば人類の生存そのものが、今や多国籍企業のエリート・カルテルの手に握られている」
 
 この発言は決して大げさなものではない。それを裏付けるのが、「ターミネーター遺伝子」と呼ばれるものだ。

 これは「生物学的要素で、種子の遺伝子構造を変化させ、種子を作らないように仕向けて自己再生を不可能にする」技術である。
 つまり、この種子は1年だけは作物を実らせるが、翌年に種子を実らせる事は出来ない。従って、新しい種子を手に入れるためには、農家は種子の特許を所有する企業のところに行ってまた買わなければならない。
 だから特許を所有する者が全てを支配することになる。このシステムに反対しようものなら、彼らカルテルはただ種子を売るのを拒否するだけでいい。

 ゲリ・グイデッティは1998年の「ジュービリー」誌に、「種のターミネーターと大規模合併が我々の食物と自由を脅かす」と題する記事を書いている。
 「人類はこれまでにこれほど狡猾で、危険で、影響が大きく、おそらく”完璧な計画”を作り上げたことはない。彼ら(食糧カルテル)は私達の生活、食糧供給、そして地球上の全人類の生存すらも支配する」

 彼女は続けてこう断言している。
 「新たに特許が認められたターミネーター技術が世界的に広く採用されるようになっており、多国籍企業への農家の絶対的な依存という事態が現実のものとなっている」

 食糧カルテルはターミネーター遺伝子以外にも例えば運送業、特にトラック輸送の独占によって、食糧輸送の物資補給態勢を支配している。農家がこのシステムに抵抗しようとしても、農作物の栽培は続けられるとしても、収穫物を市場まで運んでくれる者が見つからないということになる。
 また、小規模農家や自作農を廃業に追い込む規制を山のように作り出し、企業経営農場の設立をごく当たり前のことにしようとしている。

 日本においても企業経営農場は、アメリカ(イルミナティ)の忠実なポチであった小泉政権から推進され、同じく忠実なポチである現安倍政権下で、遂にゴーサインが出てしまった。
 ここ最近の、農相の異常なまでの交代劇もこれを示唆しているのではないか?
 「食の安全」問題が様々な方面から噴出してる今、事態は恐ろしく深刻化しているのは明白である・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。